Loading...
クレジットカードの基礎知識

学生向けクレジットカード「学生カード」とは

学生向けクレジットカード「学生カード」とは

学生向けクレジットカード

学生向けクレジットカード学生カードとは、大学生・専門学生・短大生といった学生を対象としたクレジットカードのことを指します。

学生カードは、学生に嬉しい特典やサービスが数多く付帯しているため、より充実した学生生活を送るための便利なアイテムとして活用することができます。


クレジットカードは、申し込みの際に年齢制限を設けています。



カードの申し込み時に年齢制限があるのは、カード会社が立て替えを行う後払いシステムを採用していることが理由です。


後払いシステムを利用するにあたっては、十分な資力・信用力があることが条件となります。

そのため、カード会社は、申込者の条件に「安定継続収入がある方」「高校生を除く18歳以上の方」という2つの項目を必須としています。


一般的には学生は、アルバイトをしている場合でも「安定継続した収入」があるとみなされることはありません。


しかし、実際の与信審査の過程においては、学生本人ではなく、親の信用力で判断されます。

そのため、学生であってもクレジットカードに申し込むことが出来ます。


このページでは、学生専用クレジットカード「学生カード」について解説しています。



学生カードとは

学生カード とは、「18歳以上」の大学生、短大生、専門学校生、専修学校生などの学生に対して発行されるクレジットカードです。

ただし、18歳であっても、原則、高校生は対象外となります。


特定の対象に対してセグメントをかけてアプローチする手法は、マーケティング戦略上で有効であるとされています。

例えば、女性限定の賃貸物件やシニア限定の旅行プランなどの対象者を限定してアプローチする手法が代表的です。


学生カードもまた、特定の立場の人に向けた限定性を特徴とするサービスです。


学生がクレジットカードを持つ意味

学生がクレジットカードを持つ意味

「クレカを持つと使い過ぎが心配…」などの意見も多いようですが、学生カードは、利用限度額が低く設定されているので、そのような不安を感じることはないかもしれません。


また、カードの購入履歴もWeb明細書サービスを利用すれば簡単に確認することが出来ます。そのため、わざわざ家計簿を付けなくても自分の消費行動を客観的に把握することが可能です。

定期的に明細を確認することは、現金利用に比べて使い過ぎの予防に繋がるケースがあるため、習慣付けることをおすすめします。


クレジットカードを上手に活用することは、正しい金銭感覚を身に付けることにも繋がります。


ちなみに、初めてクレジットカードを作る場合は、年齢・世代によって有利不利があることを覚えておくことをおすすめします。


一般的に、学生の間は、本人よりも親権者の属性や信用力で審査の可否が決定すると言われているため、比較的カードが作りやすいと言われています。

また、学生には将来性があるため、カード会社にとってみれば、卒業後も長期間のカード利用が見込めるため、顧客の維持に繋がります。


逆に、年齢が上がるほど、一枚目のクレジットカードを入手する難易度は上がると言われています。

就業が安定していない場合はもちろんですが、社会人経験が長い場合でも不利になるため注意が必要です。


これについては様々な要因があると言われていますが、その中でもクレジットヒストリー(クレヒス)が大きく関係してきます。


クレジットヒストリー(クレヒス)

クレジットヒストリー(credit history)とは、クレジットカードやローンの返済履歴のことであり、その情報は個人信用情報機関に登録される。



スーパーホワイト

一般的に、30歳以上でクレジットヒストリー(クレヒス)が全くない場合は、いわゆるスーパーホワイトとして扱われます。

スーパーホワイトとは、個人信用情報機関に一切の信用情報が登録されていない状態のことを指します。


単に、これまで現金主義を貫いていただけの人でも、信用情報が真っ白の場合は、自己破産の喪明けと同じ状態になるため、過去に金融事故を起こした人物であるとみなされることがあります。

スーパーホワイトであると判断された場合は、クレジットカードの審査に通ることが極めて難しくなります。


スーパーホワイトを回避する方法

スーパーホワイトを回避するためには、個人信用情報に良質な取引履歴が登録されていることが大前提です。

良質な取引履歴とは、延滞などの金融事故に関する情報が登録されていないことを指します。


一方、質の悪い取引履歴とは、延滞や債務整理をした情報が登録されている個人情報(いわゆるブラックリスト)のことを指します。


つまり、スーパーホワイトを回避する方法としては、若年期からのカード利用スマートフォンの割賦購入(分割払い)などを行うことで、信用情報(クレヒス)を作っておくことが重要です。


未成年者契約の取消し

現行の民法(第4条)では、20歳以上が成年であると規定されています。将来的には、成人年齢は現行の20歳から18歳に引き下げられる方針です。

未成年者は「制限行為能力者」とされているため、単独で有効に契約を締結することはできません。

制限行為能力者とは、単独では完全な法律行為を行うことのできない者のことを言います。


そのため、未成年が契約行為を行う場合は、必ず親の同意が必要になります。


民法では、親の同意を得ないで行った契約は、その内容を取り消すことができると規定しています。(民法第5条)


民法第5条 未成年者の法律行為

  • 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
  • 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

また、民法に規定はありませんが、申し込むクレジットカードによっては、20歳以上の学生であっても、未成年と同様に親の同意が必要になる場合があります。


これは、学生という身分は、未だ親の庇護下にある存在であるという認識に基づいています。

カード会社としては、出来るだけ貸し倒れリスクを減らすことを目的にこのような基準を設けています。


そのため、多くの学生カードが、申し込み時の必須項目として「親の氏名」「親の住所」「親の連絡先(電話番号)」などの親権者に関する内容の入力を求められます。

また、親権者の署名捺印や、保護者の承諾書の提出を求められる場合があります。


クレジットカードの申し込みに際して、親の同意が得られない場合は、無理に申し込むことはやめておきましょう。

親になりすますなど必要書類を偽造して申し込みを行い、その事実が明らかになった場合は、社内ブラックになることがあります。

また、その内容が悪質な場合は、詐欺罪に問われることもあるため危険です。


学生カードの特徴

学生向けクレジットカード・学生カードは、一般クレジットカードよりも利用限度額が低く設定(10万円~30万円程度)されています。

これは、学生が社会人(被雇用者)に比べて収入面で安定しておらず、社会的な信用が低いことが大きな理由です。


また、学生カードは、在学中は年会費無料で利用でき、ポイント還元率も好条件なものが多いという特徴があります。

さらに、学生向けの付帯特典やサービスが充実しているので、実利の面で優れる点も魅力です。


学生カードは、大学や専門学校に在籍している間に限り、その使用を認められています。

つまり、学生カードを所持できるのは、入学から卒業(中退)までの学生の間だけということになります。

そのため、卒業後は自動的に一般カードへ切り替わるケースが一般的です。


「学生カード」は、一般カードやゴールドカードなどといった上位カードへの導入部として捉えるのがよいかもしれません。


学生は、将来の上客になる見込みが高いため、カード会社としては学生向けクレジットカードの特典・サービスに力を入れることで優遇したいという意向があります。


学生カードの申し込み内容

WEBで申し込みをすると、後日、カード発行会社から申込用紙が届きます。

学生カードを申し込みをする際の必須記入項目には、以下のようなものがあります。


  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅の郵便番号
  • 現住所
  • 電話番号(固定電話・携帯電話の番号を入力)
  • メールアドレス
  • 職業(学生を選択)
  • 学校情報(現在、在籍している学校の情報を入力)
  • 年収(アルバイトの収入。収入がない場合はゼロでOK。)
  • 借入状況(借入件数と金額の合計を入力。奨学金は対象外。)
  • 金融機関の口座番号
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民票などのコピー)
  • 学生証(コピー)
  • 親権者の氏名
  • 親権者の住所
  • 親権者の電話番号(固定電話・携帯電話の番号を入力)

学生は、就業前のため、勤務先を記入する項目は設けられていません。代わりに学校名を記入する必要があります。

学生向けクレジットカードに申し込む際は、年収の多寡はあまり大きな問題ではありません。アルバイトをしていない場合はゼロでも大丈夫です。

申し込みの際に、注意すべきポイントは、虚偽の申告をしないことという一点です。特に、学生カードの場合、嘘をついてもメリットは一切ありません。


申込用紙には、借入状況を記入する欄が設けられていますが、この場合の借り入れとは、カードローンや賃金業者などからの学資ローンのことを指します。基本的には、無担保借り入れのこと。

日本学生支援機構(JASSO)などから、奨学金(貸与型 第一種、第二種)を借りている場合でも、その借入額を記入する必要はありません。

申込書の必須記入項目は、正確な情報を記入する必要がありますが、奨学金の借り入れは対象外になるということを覚えておきましょう。


また、20歳未満の学生の場合は、申し込み書類の親権者同意欄に、親(親権者)の署名を記入しなければいけません。

親権者同意欄は、必ず親に記入してもらうようにして下さい。

親の連絡先に確認の電話がかかって来ることもあるため、内緒で申し込みをするのは絶対に避けるようにしましょう。


代表的な学生カード

代表的な「学生カード」には、次のようなものがあります。


三井住友VISAクラシックカード(学生)
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友VISAクラシックカード(学生)
在学中無料在学中無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%~1.000% 
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
年間100万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10~30万円10~30万円0~30万円0~5万円
概要
ポイント2倍学生カード。在学中年会費無料。
紛失・盗難補償や最高100万円のライフ&スポーツ賠償付 自転車保険などが付帯する学生向けカード。
公式サイト

JALカードnavi
初年度年会費年会費 2年目以降
JALカードnavi在学期間中年会費無料在学期間中年会費無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000%~2.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円年間100万円
(JCBのみ)
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10万円10万円0~10万円
概要
18歳以上30歳未満の学生向けクレジットカード。在学期間中は、マイルの有効期限が無期限。「サカイ引越センター」「日本通運」を利用時の割り引きサービスが付帯。

ANA カード(学生用)
初年度年会費年会費 2年目以降
ANA カード(学生用)在学期間中年会費無料在学期間中年会費無料
1,150円(税抜)
1,242円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
【VISA/MasterCard】
0.500%~2.000%
【JCB】
1.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円年間100万円
(1回払いも可)
年間100万円
(JCB:リボ払いに限る、VISA/MasterCard:リボ払いor分割払い(3回以上)
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10万円~30万円10万円~30万円0~30万円0~5万円
概要
18歳以上の学生向けクレジットカード。旅行はもちろん、普段の生活もしっかりサポート。学生カード限定のボーナスマイルや学生価格のパッケージツアーなどのサービスが魅力。

学生専用ライフカード
初年度年会費年会費 2年目以降
学生専用ライフカード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%~1.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高1,000万円年間300万円年間300万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
5万円~30万円5万円~30万円0万円~10万円
概要
満18歳以上満25歳以下の学生(高校生を除く)が申込み対象のライフカード。海外ショッピング利用で利用総額の5%をキャッシュバック。

※本サイトの表記内容は2018年11月現在の内容です。正しい詳細に関しては各カード会社の公式ページをご確認下さい。


大学提携クレジットカード

有名大学の中には、カード発行会社と提携して「大学カード」と呼ばれる自校の学生を対象とするクレジットカードを発行しています。


東京大学東京大学カード
2017年7月末日をもって提携発行終了
早稲田大学早稲田カードStudents
慶應大学慶應カード
明治大学明治大学学生カード
中央大学中大COAPカード
青山学院大学AOYAMA GAKUIN CARD
筑波大学筑波大学カード
明治大学明治大学カード
日本大学日大iクラブDCカード
法政大学法政オレンジCAMPUSカード
立命館大学立命館ファミリーVISAカード
同志社大学同志社大学カード
関西学院大学関学カード
関西大学関西大学校友カード

自分が在籍している大学のクレジットカードを入手すれば、その大学オリジナルの特典を受けることが出来ます。


Tuoカード

Tuoカード

各大学生協がクレジットカード会社(三井住友カード)と提携して発行する「Tuoカード(トゥオカード)」という学生向けクレジットカードがあります。

Tuoカードは、年会費無料で使用することができ、大学生協の組合員証の役割も果たしています。


毎月の利用枠は、5万円、10万円、30万円の中から選択することが出来ます。


また、紛失・盗難保障や海外傷害保険(利用付帯)が付帯しているので、いざという時でも安心です。


まとめ

学生向けクレジットカードは、社会人向けのクレジットカードに比べて審査が厳しくないので、気軽に持つことが出来ます。

ただし、携帯電話の分割払いなどの販売信用・割賦契約で、延滞をしていないことが条件となります。

支払が滞り、延滞が続いている場合は、信用情報にキズが付くため、審査に通ることは難しいでしょう。


クレジットカードの中ではエントリーモデルに位置づけられる「学生カード」ですが、基本的な機能は、通常のクレジットカードと大きな違いはありません。

また、使いすぎを予防するために利用限度額が低く設定されているので、初めて持つクレジットカードとしては最適な一枚だと言えます。


お金の使い方を勉強する意味や、将来的に重要になるクレヒスを積む意味でも、若いうちにクレジットカードを持つことは大事になります。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


AJGLXvX W

JCBJ[h W

creditcard