Loading...
クレジットカードの付帯保険

クレジットカード 旅行傷害保険(海外/国内)の基礎知識

クレジットカード 海外旅行保険 国内旅行保険

クレジットカードの旅行傷害保険

クレジットカードには、旅行傷害保険が自動付帯されているものも多く、カードを選ぶ上での重要なポイントの一つです。

年会費無料で海外旅行保険が付帯されているものもあるため、上手く活用すれば力強い味方になってくれます。


特に海外旅行に行く際は、予期せぬトラブルに遭遇する確率も高いため、海外旅行保険に加入しておくことは必須となります。


このページでは、クレジットカードに付帯される海外旅行保険、国内旅行保険に関する特徴や基礎知識を紹介していきます。



旅行傷害保険とは

旅行傷害保険

旅行傷害保険(旅行保険)とは、旅行先での病気やケガの治療費・入院費・通院費、携行品(カメラや衣類など)の破損・盗難、他人の物品を損傷させた場合の賠償責任といった、旅行時の損害補償に関する保険です。

特に海外旅行でトラブルに遭った場合は、高額な費用がかかることも多いため、不可欠だと言えます。

旅行にまつわる様々な心配事を減らすことで、さらに旅行を楽しむことが出来ます。


中には、「クレジットカード付帯の旅行保険は頼りない部分があるので、補償の手厚い単体の海外旅行保険に入る」という方もいらっしゃいます。

しかし、治療費用が高額になった場合でも、限度額が大きいカードや複数枚のクレジットカードを保有していれば、十分な補償を受けることが出来ます。

このように、実際にはクレジットカード付帯の旅行保険でも、十分カバーすることが出来るため、上手に活用することをおすすめします。


旅行傷害保険の補償

旅行中に発生する様々なアクシデントに備えるために、クレジットカードには補償が用意されています。

旅行傷害保険の補償項目には、以下のようなものがあります。


  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用
  • 賠償責任など

傷害死亡・後遺障害

旅行期間中の事故によるケガが原因で、事故の発生日からその日を含めて○○日以内に死亡した場合、もしくは後遺障害(身体に残る障害)が残った場合に適用されます。

通常、旅行中のケガにより死亡した場合は、最高限度額が支払われます。


後遺障害が残った場合は、その程度に応じて傷害死亡・後遺障害保険金額の~100%が支払われます。


クレジットカードによっては、後述する「自動付帯」 + 「利用付帯」を合計して最高○○万円としているものもあります。


ちなみに、傷害死亡・後遺障害の補償金額に関しては、複数枚のクレジットカードを所有している場合、最も高い補償額が限度額となります。

つまり、所有している全てのカードの補償額が合算されるわけではありません。


しかし、旅行保険付帯のクレジットカードを複数所有している場合、傷害死亡・後遺障害以外の担保項目については全ての補償額が合算されます。


傷害治療

旅行時のケガが原因で医師の治療を受けた場合に診療・入院費用等のかかった費用が支払われます。

海外旅行保険を選ぶ場合は、「疾病治療」と並んで最も重視すべき保険です。

傷害・疾病治療の補償が手厚い海外旅行保険を選択する


疾病治療

旅行時の病気が原因で医師の治療を受けた場合に診療・入院費用等のかかった費用が支払われます。

「傷害治療」も同様ですが、海外の医療機関で治療を受けた場合は、日本国内のように3割負担で済むことはありません。

基本的に、医療費は全額自費で支払うことになるため、手厚い補償が付いたものを選ぶことが望ましいと言えます。


賠償責任

旅行時に、故意または過失により、他人にケガを負わせたり、他人の物を壊して損害賠償責任を負った場合は、賠償金等が支払われます。

ただし、法律上の損害賠償責任に限られます。

損害賠償責任とは、民法および自賠法の規定により、その損害について原則として金銭で賠償する責任のことを言います。


携行品損害

旅行時に破損・盗難などにより、損害を被った携行品の修繕費または時価額がを請求できる保険のことを指します。

特に海外旅行では、盗難やひったくり等の件数が非常に多いため、使用頻度も高く、「傷害治療」「疾病治療」の次に重要になる保険です。

クレジットカードに付帯されている携行品損害の補償金額は、20万円〜50万円程度のケースが一般的です。


救援者費用

救援者費用とは、旅行時において生じた遭難等の事故により、被保険者側(本人、保険契約者、親族など)が負担した遭難救助費用、交通費、宿泊費、移送費用、諸経費のことを言います。

旅行先で登山をされる方は、必ず付けておきたい保険です。


補償項目や保証金額は、クレジットカードによって異なります。


自動付帯と利用付帯

自動付帯 利用付帯

クレジットカード付帯保険には、自動付帯利用付帯の2種類があります。

付帯の種類によっては、補償を受けれないというケースもあるため、事前によく確認しておくことをおすすめします。


自動付帯

自動付帯とは、カードを所有しているだけで自動的に旅行保険の保障機能が有効になるというものです。

利用に際して、特別な手続を行う必要はないため、手軽に利用出来る点が特徴です。


自動付帯の補償期間は、出国した日から最大90日間の場合が一般的です。

カードによっては、30日間60日間のものもあります。


旅行保険が付いたクレジットカードのほとんどが、この自動付帯を採用しています。


利用付帯

利用付帯とは、自動付帯とは異なり、適用条件が存在するものを指します。

海外旅行保険の適用を受けるには、ツアー代金や出国までの公共交通機関の代金をクレジットカードで支払うことが条件である場合が一般的です。


カードによっては、出国の前後に関係なく、条件を達成すれば適用されるものもあります。

利用付帯における補償開始時期については、予めよく理解しておく必要があるため、下表をご参照下さい。


出発前に条件を満たした場合出発時から補償される
出発後、出国前に条件を満たした場合その時点から補償される
出国後に条件を満たした場合※その時点から補償される

※ただし、一部のカードに限られます。


自動付帯カードと利用付帯カードの違いをまとめると次の通りです。


自動付帯カードを発行し所持しているだけで、自動的に海外旅行保険が付帯される。
利用付帯出国までの公共交通機関の代金や旅行代金をクレジットカード決済にすることなどを条件に、その旅行中の補償を受けることが出来る。

特に何も考えなくても保険が付帯される自動付帯の方が、利用付帯に比べて利便性が高く優れていると言えます。


海外旅行保険

海外旅行保険

海外旅行保険 とは、海外でのトラブルに関する補償をサポートする保険です。正確には「海外旅行傷害保険」と呼ばれ、傷害保険のひとつに分類されます。

国内旅行保険に比べて、各項目の補償額が大きい点が特徴です。

傷害死亡・後遺障害の金額は、補償額が高いこともあり最も注目されるポイントですが、実際に利用する機会が多いのは傷害疾病治療・救援費用だと言うことを理解しておきましょう。


海外へ旅行に行く際は、常に事故やトラブルなどのアクシデントに注意を払う必要があるため、海外旅行保険は心強い味方になってくれます。


クレジットカードの旅行傷害保険を利用する上での基本的な考え方としては、カード付帯保険は一枚のカードの保険では不十分だということです。

特に、一枚ではケガや病気などの治療費用が心もとないと言えます。

そのため、海外旅行へ行く際は、最低でも2枚以上用意しておくことをおすすめします。


国内旅行保険

国内旅行保険

国内旅行保険 ・ 国内旅行傷害保険とは、国内旅行にまつわるトラブルを保証してくれる保険サービスです。

公共交通機関(国内航空機・船舶・バス・タクシーなど)や宿泊施設でのケガ、宿泊を伴う募集型企画旅行参加中のケガなどを保証してくれます。

海外旅行では、旅行保険の加入は当たり前になっていますが、国内旅行でもクレジットカードの付帯保険に国内旅行保険が付いていれば、安心して旅行を楽しむことが出来ます。


国内旅行傷害保険が付帯するクレジットカードは、海外旅行傷害保険に比べて少なく、年会費無料のカードには付いていないものが多いのが実情です。

そのため、国内旅行傷害保険付帯カードを選ぶ際は、年会費有料のカードかゴールド以上のカードを視野に入れる必要があります。


一般的に、旅行保険は、傷害死亡・後遺障害よりも傷害・疾病治療の方が利用頻度が高いと言われています。

ただし、カード付帯の国内旅行傷害保険は、傷害死亡・後遺障害の補償のみに限られるケースが多いため、入院・通院費までの補償は期待できません。

カードを選ぶ際は、予め補償範囲を確認しておくことをおすすめします。


海外旅行とは異なり、国内の旅行で旅行保険に入る人は少ないかもしれませんが、国内旅行保険が付帯したクレジットカードを持っていれば、面倒な手間や費用をかける必要がないため安心です。


しかし、クレジットカード付帯の国内旅行傷害保険は、「利用付帯(持っているだけでは適用されない)」のものがほとんどのため、あらかじめ適用条件の確認をしておきましょう。


旅行保険で選ぶおすすめクレジットカード

旅行保険が自動付帯しているクレジットカードをまとめています。カード選びの参考にしてみて下さい。


JAL 普通カード
初年度年会費年会費 2年目以降
JAL 普通カード無料2,000円(税抜)
2,160円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.476% ~ 0.600% ○ 1,080円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円
概要
機内販売割引、国内空港店舗・空港免税店割引、ボーナスマイル・ショッピングマイルなどマイルがたまりやすいJALカード。
公式サイト

ANA VISA 一般カード
初年度年会費年会費 2年目以降
ANA VISA 一般カード無料2,000円(税抜)
2,160円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.500% ○ 初年度無料 1,080円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円年間100万円年間100万円
概要
入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイル「1000マイル」付与!クレジット機能・マイレージサービス・Edyの3つの機能が1枚になったカード!
公式サイト

JTB旅カード JMB
初年度年会費年会費 2年目以降
JTB旅カード JMB2,000円(税抜)
2,160円(税込)
2,000円(税抜)
2,160円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 6.000%○ 1,000円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円最高100万円最高100万円
概要
JTBで使うとポイント還元率最大6%!さらに、JALマイルも貯まる!
公式サイト

JTB旅カード VISA・MASTER
初年度年会費年会費 2年目以降
JTB旅カード VISA・MASTER1,600円(税抜)
1,728円(税込)
1,600円(税抜)
1,728円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
1.000 ~ 2.000% ○ 500円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円最高150万円最高150万円
概要
JTBトラベルポイントがたまる!入会でトラベルポイント 1,600ポイントプレゼント!!使えば使うほど旅でトクする便利なカード。
公式サイト

JTB旅カード JCBゴールド
初年度年会費年会費 2年目以降
JTB旅カード JCBゴールド15,000円(税抜)
16,200円(税込)
15,000円(税抜)
16,200円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
1.500 ~ 2.500%○ 1人目無料
二人目からは2,000円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円最高500万円最高500万円
概要
トラベルポイントが1.5倍貯まる!空港ラウンジサービス利用可能!GOLDならではの保険サポートも充実。
公式サイト

JTB旅カード VISAゴールド
初年度年会費年会費 2年目以降
JTB旅カード VISAゴールド15,000円(税抜)
16,200円(税込)
15,000円(税抜)
16,200円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
1.500 ~ 2.500%○ 1人目無料
二人目からは2,000円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円最高300万円最高300万円
概要
トラベルポイントが1.5倍貯まる!空港ラウンジサービス利用可能!コンビニでの「iD」使用や、高速道路での「ETC」使用など少額利用でもポイント1.5%。
公式サイト

ANAアメリカン ・エキスプレス ・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
ANAアメリカン ・エキスプレス ・カード7,000円(税抜)
7,560円(税込)
7,000円(税抜)
7,560円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.333% ~ 0.750%
2,500円+消費税
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高3,000万円最高2,000万円年間最高200万円年間最高200万円
概要
旅行傷害保険他、各種プロテクションサービスが充実。ANA航空券や旅行商品など、ANAグループでのカード利用はポイント1.5倍。
公式サイト

ANAアメリカン ・エキスプレス ・カード 公式サイト


デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス・カード12,000円(税抜)
12,960円(税込)
12,000円(税抜)
12,960円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
1.000%
6,000円+消費税
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円年間最高500万円年間最高500万円
概要
入会時でも日々の利用でも多彩なボーナスマイルでマイルがより早く効率的に貯まる。ボーナスマイルや優先搭乗等、「シルバーメダリオン」の多彩な特典で上質な旅が楽しめる。
公式サイト

デルタ スカイマイル アメリカン ・エキスプレス・カード 公式サイト


アメリカン ・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
アメリカン ・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード10,000円(税抜)
10,800円(税込)
10,000円(税抜)
10,800円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.333% ~ 1.000%
5,000円+消費税
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高3,000万円最高2,000万円年間最高500万円年間最高500万円
概要
対象航空会社の航空券や、対象旅行代理店の指定旅行商品の購入で、ポイントが通常の3倍貯まるアメックスカード。ポイントの有効期限は無期限。
公式サイト

アメリカン ・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 公式サイト


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


AJGLXvX W

JCBJ[h W

creditcard