Loading...
クレジットカードの基礎知識

リボルビング払い(リボ払い)の種類

リボ払い 種類

リボルビング払い( リボ払い )

リボルビング払いリボ払い )とは、利用の件数・金額にかかわらず、元金に手数料を加えて毎月の支払いとする返済方法です。

利用限度額内であれば繰り返し利用することができ、返済を1回済ますことでその分の利用枠が回復することから、回転信用とも呼ばれます。

リボルビング払いは、毎月の支払い額がほぼ一定のため、無理なく計画的に利用することが可能です。


ただし、リボ払いには様々な種類があり、少々複雑なため、事前にその種類と内容を把握しておきましょう。



ミニマムペイメント(最小額決済)

海外では、ミニマムペイメント方式(最小額決済)と呼ばれる返済方法が一般的です。

ミニマムペイメント払いとは、引落日に最低支払金額(ミニマムペイメント金額)が引き落しされる返済方法です。

請求書が届いた段階で返済する最低支払金額が決まっているため、返済計画が立てやすいというメリットがあります。


最低支払金額(ミニマムペイメント)さえ支払っていれば、残高は翌月以降に繰り越すことが出来ます。


ただし、ミニマムペイメントは、残高によって支払い金額が変わるケース(残高スライド方式)もあります。

このケースでは、残高が少ないとミニマムペイントは少なくなり、残高が多いとミニマムペイントも大きくなります。


このように、カードの契約内容や利用額に応じて変動する場合があるため、リボルビング払いを利用する際は、予めよく確認するなど注意をしておく必要があります。


リボ払いと分割払いの違い

リボルビング払いは、追加で商品を購入しても月々の支払額は大きく変動することはありませんが、支払い回数が増えるため返済期間が長期化する傾向があります。

返済期間が長期化するということは、金利負担が大きくなることを意味します。

また、借金をしていることを忘れてしまう場合があるため、金銭感覚がおかしくなるというリスクもあります。


一方、分割払いで追加購入をした場合は、2重、3重に支払いが重なることになります。

返済期間は把握しやすいですが、月々の支払額が大きくなるため、金銭的な負担も大きくなります。



リボ払いの種類

リボ払いの種類

リボ払いは、大きく分けて定率リボルビング方式定額リボルビング方式、そして残高スライドリボルビング方式の3種類があります。

リボ払いは、さらにそこから細分化されます。リボ払いの種類は下表の通りです。


リボ払いの種類

定率リボルビング方式元利定率リボルビング方式
元金定率リボルビング方式
定額リボルビング方式元利定額リボルビング方式
元金定額リボルビング方式
残高スライドリボルビング方式残高スライド元利定額リボルビング方式
残高スライド元金定額リボルビング方式
残高スライド元利定率リボルビング方式
残高スライド元金定率リボルビング方式

このように、リボルビング払いと一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。


まずは、それぞれの方式を見ていく前に、リボ払いの基本的な考え方を理解していきましょう。


リボ払いは、元利と元金定額と定率残高スライドの3点を押さえておくことで、理解がスムーズになります。


元利と元金

元利元金の違いを確認しておきましょう。


元利とは、元金と利息の合計です。利息分が返済額に含まれます。

元金は、利息分が返済額に含まれません。

例えば、毎月の返済額が1万円と仮定した場合、元利と元金では返済額に以下のような違いがあります。


元利の場合、1万円を返済すると、1万円から利息を引いた金額が元金から引かれます。

元金の場合、1万円 + 利息分を返済します。これにより、1万円分の元金が減ることになります。


元利と元金を見た場合、元金の方が早期の返済が可能となります。


定額と定率

定額定率の違いを確認しておきましょう。


定額とは、ある一定の額を意味する言葉で、返済する金額が決まっていることを言います。

定率とは、一定の割合を意味し、返済する金額は決まっておらず、残高に対する割合(利率)が定められています。


定額の場合、残高の多寡にかかわらず返済金額は一定です。

例えば、月々の返済額を1万円に設定した場合、それ以降は毎月1万円を返済していくことになります。


定率の場合、残高に対する利率は一定です。

例えば、年利18%で50万円を借入した場合の利息は、50万円×18%÷365日×30日=約7400円となります。20万円の場合だと、20万円×18%÷365日×30日=約2960円となります。

このように、残高に合わせて返済額が変わります。


定率方式は、残高に定率をかけるという返済方式のため、なかなか返済が終わらないというデメリットがあります。


残高スライド

残高スライドとは、借り入れ金額の残高に対して返済額が変動(スライド)する返済方式です。

この残高スライド方式のことを、ミニマムペイメント方式と呼ぶこともあります。


残高が増減することで、毎月の返済額も変動する点が特徴です。

そのため、残高が多い場合は、支払額も多くなり、残高が少なくなると返済額も少額になります。


定額の場合は支払金額がスライドし、定率の場合は利率がスライドします。

定額と定率の一例は次の通りです。


定額の一例

残高支払金額
5万円未満5,000円
5万円以上10万円未満10,000円
10万円以上20万円未満20,000円
20万円以上30万円未満30,000円
30万円以上40万円未満40,000円

定率スライドの一例

残高割合
30万円以下5%
30万円以上100万円未満3%
100万円以上500万円未満2%

リボ払いの種類は、これらの組み合わせで決まります。

では、続いて「定率リボルビング方式」「定額リボルビング方式」「残高スライド方式」の違いを見ていきましょう。


定率リボルビング方式と定額リボルビング方式、残高スライド方式の違い

定率リボルビング方式

定率リボルビング方式とは、ミニマムペイメント(最低支払金額)を残額の一定割合(通常は5%~10%の範囲で決定される)の元金と利息とする方式です。「一定の割合」は契約内容により異なります。

この定率リボルビング方式は、残債が積み上がることで、総支払期間と総支払金利が拡大しがちな、リボ払いの欠点を補うことが出来ます。


例えば、前月の締め日における残債が10万円だと仮定します。

そして、定率を10%とした場合、当月のミニマムペイメントは以下の計算式の通りです。


100,000円 × 10% = 10,000円


つまり、1万円が当月支払うミニマムペイメントとなります。


支払が進むとミニマムペイメントも少額になりますが、支払期間が長期に渡るケースが多いため、一定額を下回った場合は、残債を一括で支払う方がよいでしょう。

残債を一括で返済することで余計な金利を支払わずに済むからです。


定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、毎月のミニマムペイメント(最低支払金額)を固定で支払う返済方式のことです。

支払い金額の大きさは、カード会社が定める最小金額以上であれば、契約者が利用可能枠内で自由に設定することが出来ます。


定率リボルビング方式とは異なり、利用残高にかかわらず、毎月一定の返済額を支払うことになります。

また、希望すれば、ボーナス併用払いを利用することも可能です。


定額リボルビング方式は、さらに「元金定額リボルビング払い」と「元利定額リボルビング払い」の2種類に分けることが出来ます。


元金定額リボルビング払い

元金定額リボルビング払い(ウィズアウト方式)とは、利用件数や金額に関わらず、月々の支払金額に金利を含まず上乗せする返済方式です。


支払回数は、下記の計算式で算出することが出来ます。


残債総額 ÷ ミニマムペイメント金額 = 支払回数


このように、元金定額リボルビング払いは、最終支払までの支払期間が計算しやすい点が特徴です。

ただし、高額商品の購入に利用する場合は、一気に月々の支払額が増大することになるため注意する必要があります。


例えば、残債500,000円の場合に、ミニマムペイメントが5,000円で、月々の金利が1%と仮定します。

この場合、金利分は5,000円に達することになるため、月々の支払合計は10,000円となります。


元利定額リボルビング払い

元利定額リボルビング払い(ウィズイン方式)とは、月々の支払額に、金利を含む返済方式です。

月々の支払額に金利分を含むため、元金の返済が進まず、返済が長期化することになります。


例えば、残高が500,000円の場合に、ミニマムペイメントを5,000円、月々の金利を1%と仮定した場合、金利分だけでミニマムペイメントの5,000円に達するため、支払期間と金利に限りはありません。


元利定額リボルビング払いは、毎月の支払額が変化することはありません。

そのため、無計画に利用すると延々と支払い続けることになるため、計画的に利用する自信がない人には不向な返済方法です。

一方、計画的に利用できる人にとっては、毎月の支払額が定額なので、生活設計が立てやすくなります。


住宅ローンは、長期に渡って支払いが続く「元利定額リボルビング払い」を採用しています。


リボルビング払いの支払額が1万円と仮定した場合の「元金定額リボルビング払い」と「元利定額リボルビング払いの場合」の違いは下表の通りです。


元金定額リボルビング払いの場合元本金額1万円と手数料または利息を加算した金額
元利定額リボルビング払いの場合元本金額と手数料または利息の合計額が1万円

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは、残高が一定額を超えると、ミニマムペイメントが増加するという仕組みを採用している方式です。

具体的な例を挙げると、残高が10万円までは月々の支払いが1万円に設定されていますが、残高が10~20万円の場合には2万円、残高が20~30万円の場合には3万円という具合に、残高に応じて支払額が変動(スライド)することになります。


このように、利用残高によって、毎月の返済額は変動します。


クレジットカードやカードローンの返済方法の多くが、この残高スライドリボルビング方式を採用しています。


では、より細分化された残高スライドリボルビング方式を見ていきましょう。


残高スライド元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは、返済額に利息を含んでいて、尚且つ借入残高により段階的に決められた金額を毎月返済していくリボルビング方式です。


基本的には元利定額リボルビング方式とよく似ていますが、元利なので返済額の中に利息が含まれているため、残高が減っていくに従って毎月の返済額も減少します。

そのため、元金が減りにくく、返済が長引く傾向があるため、支払う利息の総額が大きくなるという特徴があります。


ちなみに、「残高スライド元利定額リボルビング方式」は、カードローンで最も多く採用されている返済方式です。

「残高スライド元利定額リボルビング方式」の表記は、「残高スライドリボルビング方式」とのみ表記されているケースも多く見られます。


残高スライド元金定額リボルビング方式

残高スライド元金定額リボルビング方式とは、返済額に利息を含まず、尚且つ借入残高により段階的に決められた金額を毎月していく返済リボルビング方式です。


返済額は、契約者が自由に設定することが出来ます。

返済元金に利息を加えて支払うため、「残高スライド元利定額リボルビング方式」に比べて、元金が減るペースが早くなるという特徴があります。

そのため、トータルで支払う利息も「残高スライド元利定額リボルビング方式」に比べて少なくなります。


残高スライド元利定率リボルビング方式

残高スライド元利定率リボルビング方式とは、返済額に利息を含み、支払う利率が残高によって変わってくるリボルビング方式です。

元利定率リボルビング方式の場合は、利用残高に対する一定割合が毎月の返済額となりますが、残高スライド元利定率リボルビング方式の場合は、その割合が利用残高に応じて段階的に変動します。


つまり、借入残高に利息を加えた金額に定率をかけた金額を支払うことになります。


元利定率リボルビング方式と同様に、残高が減るにしたがって毎月の返済額も少なくなるので、返済が長引くことになります。そのため、支払う利息の総額も大きくなります。


アコムでは、この「残高スライド元利定率リボルビング方式」を採用しています。


残高スライド元金定率リボルビング方式

残高スライド元金定率リボルビング方式とは、返済額に利息を含まず、支払う利率が残高によって変わってくるリボルビング方式です。

借入残高に定率をかけた額に、利息を加えて支払うことになります。

リボ払いのメリット

リボ払いは、毎月の支払額が一定なので、家計の管理がしやすいというメリットがあります。

また、月々の支払額を低く設定することが可能なので、月々の金銭的な負担が軽減されるのもメリットです。


さらに、一見見落としがちですが、リボ払いはいつでも繰り上げ返済を利用することが出来ます。

トータルで支払う期間が長くなることで、利息が高くなると指摘される機会が多いリボ払いですが、繰上げ返済をすればお得に利用することが出来ます。


その他にも、リボ払いを一括払いのように利用することで、ポイント2倍を得るという裏技的な活用法もあります。


このように、リボ払いは、借入残高を正しく把握し、計画的に利用することが出来る人にとっては適した返済方法です。


リボ払いのデメリット

しかし、リボ払いには、世間的に言われているようなデメリットがあることも事実です。


リボ払いのデメリットは、金利手数料が高いという点です。

リボ払いは、分割払いに比べて、手数料は15~18%と比較的高めに設定されているため、返済時の負担も大きくなります。


そして、リボ払いは、利用すればするほど返済が長期化するというデメリットがあります。

リボ払いは、基本的に毎月決まった金額を返済します。


そのため、リボ払いを利用して月々の返済額を上回る買い物を続けた場合、返済よりも借金が増えていくことになります。

場合によっては、返済の長期化だけにとどまらず、半永久的に借金が増えていくこともあります。

繰り上げ返済をする予定がない場合は、リボ払いよりも金利の低い分割払いの方が。


また、リボ払いは、毎月一定額を支払うことになるため、人によっては使い過ぎて借金をしている感覚がなくなるという危険性があります。

そのため、知らない間にトータルでの利用額が膨れ上がっていくというケースがあるようです。


リボ払いを利用する場合は、メリットとデメリットを正しく理解しておきましょう。


リボ払いのメリットリボ払いのデメリット
管理がしやすい金利手数料が高い
繰り上げ返済が出来る返済が長期化する
効率よくポイントを貯めることが出来る借金をしている感覚がなくなる

まとめ

クレジットカードで主要な返済方法としては、「残高スライド元利定額リボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」が挙げられます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する際は、1回払いを指定しない場合は、特別な手続きをしなくても自動的にリボに設定されるケースが多いようです。


リボ払いは、当座のお金がなくても、月々少額の返済で商品を購入することが出来るという、非常に便利なサービスです。

クレジットカードの支払いをリボ払いにすることで、ポイントの優遇があるなど、嬉しい特典も提供されています。


しかし、返済が長期化し、利用が常態化するなどのデメリットがあることも、十分理解しておく必要があります。


また、会社によって採用しているリボ払いの方式が異なるため、事前に利用する会社が採用している方式をよく理解しておきましょう。


各カード会社が、WEBサイト等で借り入れシュミレーションサービスを提供しているため、このようなサービスを利用して、事前に返済計画を立てることをおすすめします。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA