Loading...
クレジットカードの基礎知識

リボ払い専用カードとは

リボ払い専用カードとは

リボルビング払いとは

リボルビング払いリボ払い) とは、クレジットカードやカードローンの支払い方法の一つです。

毎月の支払額は一定額になりますが、支払期間は長期化する傾向にあります。



リボ払い以外の支払い方法には、一括払い(一回払い)、分割払い(二回払い)、ボーナス払いなどがあります。


これらの支払い方法に比べて、「危険」であるという認識が一般的なものになっているリボ払いですが、いまいちよく分からないという方も意外といらっしゃるのではないでしょうか?

このページでは、リボ払い専用カードだけでなく、リボ払いの特徴や注意点についても説明しています。



リボ払いの特徴

リボ払いの特徴は、毎月の支払額が決まった一定の金額で済むという点です。

そのため、毎月、低額の支払いでクレジットカードを利用することが可能です。


例えば、5万円の商品をリボ設定額「5,000円」で購入すると、毎月の支払日に5,000円を支払うだけでOKということです。


分割払いのように、決まった支払い回数があるわけではありません。

リボ残高がある限り、支払いを継続することになります。


ただし、当然、毎回の支払いには金利手数料(利息)が付くことを忘れてはいけません。


つまり、先ほどの例だと、実際に毎月の支払日に支払う金額は、5,000円 + 金利手数料になるわけです。

※カード会社によっては、初月の支払日には金利手数料がかからないものもあります。


リボ払い 図解

このように、毎月一定額を支払うことでクレジットカードの利用が可能になります。

しかし、実際には、毎月一定額を支払うことで一括支払いを一時的に遅らせるシステムと考える方が適切かもしれません。


リボルビング払いは、支払い期間が長くなればなるほど、支払い回数も増えることになります。

そして、毎回の支払期日にはその都度利息が発生します。

つまり、長期化すればするほどカード会社に対して支払うトータルの金利手数料は大きくなることを理解しておきましょう。


リボ払いの金利手数料(利息)

リボ払いの金利手数料は、利息制限法という法律によって制限されています。


利息制限法とは

貸主(債権者)の暴利行為などから消費者を保護するために,金銭消費貸借契約における利息や遅延損害金の利率を一定限度に制限する法律。


利息制限法では、上限金利を下表のように定めています。


元金上限金利
10万円未満年20.0%
10万円以上100万円未満年18.0%
100万円以上年15.0%

上限金利の超過分は、原則、無効とされています。


リボ払いの金利手数料は、通常、実質年率と表記されています。


実質年率とは

利用残高・借入金額に利息や全ての支払い(保証料、手数料、印紙代など)を加えて計算した実質上の金利のこと。

クレジットの手数料は、実質年率で表示することが貸金業法によって義務付けられている。


リボ払いの実質年率は、カード会社やカードの種類によって異なりますが、一般的には年15.0%程度です。


リボ払い 返済方式の種類

リボ払いは、「元金と元利」、「定額と定率」、「残高スライド」という返済方式を組み合わせることで細分化することが出来ます。


元利均等と元金均等

リボ払い・分割払いの返済方式は、大きく元金均等返済元利均等返済に分かれます。


  • 元利均等返済 … 毎月、元金と利息を合わせた同じ金額を返済していく方式。
  • 元金均等返済 … 毎月、同じ元金を返済していく方式。

元利均等返済

元利均等返済

元利均等返済は、毎回の支払日に元金と利息を合わせた一定額を返済していく方式です。

毎月一定額を返済していくため、初期の返済負担が小さく、計算しやすい点が特徴です。


しかし、元金と利息を合わせた額を返済するため、利息は減りやすいものの、元金が減りにくいという傾向があります。

そのため、トータルで考えると金利負担は大きくなります。


元金均等返済

元金均等返済

元金均等返済では、毎回一定の元金(利用残高)を返済していくことになります。

利息は、元金(利用残高)にかかるため、返済を続けて行けば行くほど小さくなります。


返済当初の金利負担は大きいですが、毎月、決まった金額を返済するので、元金返済がスムーズに進み、トータルの金利負担を抑えることが出来る点が特徴です。


定額・定率・残高スライド

リボ払いには、大きく定額方式定率方式、そして残高スライド方式の3種類があります。


  • 定額方式 … 毎月、決まった金額を返済する方式。
  • 定率方式 … 毎月、決まった割合を返済する方式。
  • 残高スライド方式 … 毎月の返済する金額が借入残高によって変動する方式。

定額方式

定額方式とは、決まった一定額を毎月の支払日に支払う返済方式です。

この場合の一定額は、リボ利用残高に応じて自動的に決まります(ミニマムペイメント方式)。


ミニマムペイメントとは

リボルビング払いにおいて、毎月支払う最小返済義務額のこと。

契約締結時の利用限度額の決定時にミニマムペイメントを任意で設定するものや、リボ残高の変動で変更されるものもある。


例えば、毎月の支払額が2万円だった場合は、カードでどれだけ高額の買い物をしても、毎月の支払期日に2万円(元金均等の場合は利息をプラス)を支払えばよいということです。


支払い金額は、借入残高の変更がない限り、初めに設定された金額が適応されます。


日本では、多くのカード会社がこの定額リボルビング方式を採用しています。


定率方式

定率方式とは、決まった一定割合の金額を毎月の支払日に支払う返済方式です。

固定されるのは、金額ではなく割合であるため、毎月の利用残高に応じて支払い金額が変わります。


例えば、ある月の利用残高が10万円で一定の割合が3%だった場合は、支払期日に3,000円(元金均等の場合は利息をプラス)を支払うことになります。


定率リボルビング方式は、日本ではいまいち馴染みが薄いですが、欧米では比較的ポピュラーな支払い方法として定着しています。


残高スライド方式

残高スライド方式とは、スライドという名称からも分かる通り、利用残高に応じて毎月の支払額が変動(ミニマムペイメント方式)する返済方式です。

毎月継続して支払いを行っていれば、元金残高も減っていくため、利息負担も軽減することになります。


例えば、ある月の利用残高が8万円だった場合の支払額は8,000円、利用残高が4万円の場合は4,000万円のように変動します。


残高スライド方式は、定額方式と共に国内のクレジット・ローンサービスの支払い方法として広く普及しています。


リボ払いは、これらの方式を組み合わせることで以下のような種類に分けることが出来ます。


  • 元利定額リボルビング方式
  • 元利定率リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 元金定率リボルビング方式
  • 残高スライド元利定額リボルビング方式
  • 残高スライド元利定率リボルビング方式
  • 残高スライド元金定額リボルビング方式
  • 残高スライド元金定率リボルビング方式

ちなみに、この中で最も日本国内で普及しているリボ払い方式は、「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。


残高スライド元利定額リボルビング方式

「残高スライド元利定額リボルビング方式」とは、残高スライド定額方式のうち、定額部分から利息を差し引いた金額を元金返済に充てる方式のことを言います。

つまり、元利定額リボルビング方式にスライド制を組み込んだ支払い方式を指します。


元利定額リボルビング方式とは

元金と利息を合わせた毎月の返済額を、一定の金額で支払う返済方式のこと。

毎月、一定額を支払うことになるが、一定額の中に利息分も含まれているため、元金(利用残高)の減りは遅くなる。つまり、利息負担が大きくなる。


支払う利息は残高に応じてスライドするので、他の返済方式に比べて返済負担が少ないというメリットがあります。


しかし、毎月の返済額を少額に設定した場合は、そのほとんどを利息が占めることになるため、なかなか元金(残高)が減らないというデメリットが生じます。

支払(返済)期間が長期化するということは、その分、利息負担が大きくなることを意味するため注意が必要です。


現在の残高をよく把握せずに再びリボ払いで商品・サービスを購入してしまうと、支払期間のさらなる長期化に繋がります。

リボ払いは、毎月決まった金額を支払えばよいので、感覚が麻痺して使い過ぎてしまうこともあります。


リボ払いで支払う場合は、残高を意識して計画的に利用することが大事になります。


リボ払い サービスの種類

リボ払いは、カード会社によっていくつかのサービスが提供されています。


例えば、三井住友カードでは、通常の「リボ払い」の他に、「あとからリボ」「マイ・ペイすリボ」の3種類を用意しています。


  • リボ払い … 元金定額リボルビング方式での支払い
  • あとからリボ … 1回払い・ボーナス払いで購入した商品を後日、リボ払いに変更できる支払い方法
  • マイ・ペイすリボ … 予め設定をすることで、1回払いの利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法

リボ払い

三井住友カードのリボ払いは、「元金定額リボルビング方式」を採用しています。

元金定額リボルビング方式は、予め決められた一定額に利息を加えた金額を毎月支払う方式です。


元金方式なのでリボ利用残高を優先的に支払っていくことになります。

そのため、元利方式に比べて負担する利息の総額が小さくなります。


三井住友カードは、初回支払い時に利息がかかることはありません。利息は、2ヵ月目の支払いから発生します。


あとからリボ

「あとからリボ」を利用すれば、一括払いや分割払いで買い物をした場合でも、後日リボ払いに変更することが可能です。

この方法は、後々、支払いが困難になった場合に、月々の支払い負担を軽くできるというメリットがあります。


ただし、リボ払いは月々の支払いを低く抑えることが出来ますが、支払期間が長くなれば利息の負担総額も大きくなることを理解しておきましょう。


マイ・ペイすリボ

あらかじめ、「マイ・ペイすリボ」に設定しておけば、店頭で商品を購入する際に「一回払い」を指定しても、実際にはリボ払いとして処理されます。

「お店でリボ払いをお願いするのはちょっと…」という人でも、この方法であれば気負うことなく買い物が出来ます。


楽天カードやYahoo!カードなどは、「マイ・ペイすリボ」と同様のサービスを「自動リボ払い」という名称で提供しています。


クレジットカードの中には、最初からリボ払いに設定されているものもあるため、リボ払いを希望しない場合は会員専用サイト内で確認しておくようにしましょう。


年会費永年無料のエブリプラス


リボ払いの注意点

リボ払いは、カード会社にとってみれば、非常に収益性の高い支払い方法です。

カード会社も営利企業であるため、利益の最大化を図るためにリボ払いを利用して欲しいという意図があります。


利用者側にとっても、どれだけカードを利用しても(限度額の範囲内で)、定期的に一定額の支払いを行えば大丈夫なので利便性の高い支払い方法であると言えます。


しかし、リボ払いを利用する際は、利便性だけでなく注意点にも着目する必要があります。

既に本文でも説明をしている通り、リボ払いは支払い期間が長期化しやすいため、トータルの利息負担は大きくなります。


リボ払いは、カードローンやキャッシングにも採用されている支払い方法のため、借金に近い性質を持つことを理解しておく必要があります。

ただし、利息については若干ではありますが、以下のような違いがあります。


種類実質年率
カードローン・キャッシングのリボ払い18.0%
クレジットカードのリボ払い15.0%

また、リボ払いが常態化してしまうと、お金を使っている感覚が希薄になるため、リボ残高がかさむこともあります。

つまり、いつまでも支払いが続くことを意味します。


このような状態を回避するために、金銭的に余裕のある時などにリボ残高をゼロにする、もしくは減らすことをおすすめします。


ほとんどのカード会社では、支払うミニマムペイメント以上の一時的な上乗せ・増額(一部繰上返済)や、リボ残高の一括支払い(繰上返済)を受け付けています。

支払期間の長期化を避ける場合は、増額支払い一括支払いおまとめ払いを活用することが望ましいでしょう。


リボ払い専用カードとは

リボ払い専用カードとは、その名の通り、支払い方法がリボ払いに限定されたクレジットカードです。


クレジットカードの支払い方法は、一括払い(一回払い)が基本ですが、リボ払い専用カードは、もちろん一括払いや分割払いなどといった別の支払いを方法を選ぶことは出来ません。


リボ払い専用カードは、一般的なクレジットカードに比べてポイント還元率などのサービスが良い点が特徴です。


また、「三井住友VISAカードエブリプラス」のように、前年度の利用実績に応じてポイント還元率が高くなるカードもあります。

それだけでなく、「三井住友VISAカードエブリプラス」は利用実績に応じて、「キャッシングリボ適用利率」が実質年率13.0%まで引き下げられます。


過度な浪費をせず、計画性を持って利用できる人であれば、恩恵を得られるかもしれません。


リボ払い専用カードは、一般的なクレジットカードに比べて審査基準が低いと言われています。

つまり、比較的作りやすいクレジットカードであると考えることが出来ます。


ただし、属性が低い人などの場合は、利用限度額10万円といった具合に少額に設定されることもあります。


また、審査基準がそれ程厳しくないと言っても、いわゆるブラック(延滞や債務整理などの経験がある人のこと)になっている場合は、審査に通ることは難しいでしょう。



ちなみに、初年度の年会費が無料のクレジットカードの中には、2年目以降の年会費の無料・割引の条件として「年1回以上の利用もしくはリボ払い」が求められるものもあります。


代表的なリボ払い専用カード

代表的なリボ払い専用カードを以下にまとめました。


三井住友カードエブリプラス
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友カードエブリプラス無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~1.00%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高100万円年間100万円
概要
永年無料、ポイント3倍のリボ払い専用カード。支払い方法は毎月の支払い金額を自由に選べる「マイ・ペイすリボ」。
公式サイト

JCB CARD R
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB CARD R無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 3.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高100万円
概要
リボ払い専用カード。手数料が発生した月はポイント4倍!それ以外の月はポイント2倍。海外旅行にも最適な付帯保険が充実。
公式サイト

ACマスターカード
初年度年会費年会費 2年目以降
ACマスターカード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
概要
アコムが発行するクレジットカード!最短即日発行、年会費無料、パート・アルバイトの方もOK!利用明細の郵送なし!
2018年10月9日、カードデザインがリニューアルしました。
公式サイト

Orico Card THE POINT UPty
初年度年会費年会費 2年目以降
Orico Card THE POINT UPty無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.00%~2.00%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
概要
リボ払い専用、自由払い型のポイント高還元率カード。入会後半年間はポイント付与が2倍に。

「ビュー・スイカ」リボカード
初年度年会費年会費 2年目以降
「ビュー・スイカ」リボカード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~1.84%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高500万円最高1,000万円
概要
Suica機能が使える年会費無料のリボ払い専用ビューカード。定期券購入でポイントが通常の3倍貯まる。

※本サイトの表記内容は2019年2月現在の内容です。正確な詳細に関しては各カード会社の公式ページをご確認下さい。


まとめ

リボ払い専用カードは、比較的作りやすいカードだと言われており、効率よくポイントを貯めることができる点もメリットの一つです。

現在では、リボ払いもポピュラーな支払い方法として定着しています。


しかし、使い方によっては支払う利息が高額になり、負担総額も大きくなります。

そのため、あまり計画性を持って使用する自信がないという人は、一括払いができる一般的なクレジットカードを選ぶほうがよいでしょう。


一括払い(一回払い)や二回払いであれば、一度に支払う金額は大きいですが、金利手数料がかかることはありません。



『クレジット』という言葉は、「信用」という意味を持ちます。

これはリボ払いに限ったことではありませんが、無用なトラブルを避けるためにも適切な利用を心がけましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

NWbgJ[h TELy[rW

creditcard