Loading...
クレジットカードの基礎知識

プリンシパルメンバーとアソシエイトメンバーの違い

プリンシパルメンバーとアソシエイトメンバーの違い

プリンシパルメンバーとアソシエイトメンバー

クレジットカードを利用すると、カード会社はその購入代金をカード会員に代わって、ショッピングなどをした加盟店に支払います。

後日、カード会員は、カード会社に立て替えてもらった代金を支払うことになります。


このように、クレジットカード決済は、カード会員、加盟店、カード会社の三者間契約という仕組みによって成立しています。


クレジットカード事業を行う上では、カードの稼働率を上げることもさることながら、カード会員と加盟店の確保・拡大を行うことが最優先課題であると言えます。


一般的に、カード会員の獲得・管理やクレジットカードの発行業務はイシュアが、加盟店獲得と管理についてはアクワイアラが担っています。


イシュアリングカード発行業務のこと
アクワイアリング加盟店契約業務のこと


国際ブランドのJCB、AMERICAN EXPRESS、Dinres Clubは、自社が発行主体となっているためその構造はシンプルです。



しかし、同じ国際ブランドでもVISAとMasterCardでは、扱いが異なるためやや複雑です。


このページでは、主にプリンシパルメンバーとアソシエイトメンバーの役割の違いについて解説しています。



プリンシパルメンバー

プリンシパルメンバー

プリンシパルメンバー(Principal Member)とは、直接VISA、MasterCardからライセンスを与えられた団体のことを言います。本会員とも呼ばれます。


VISAとMasterCardは、自社でイシュアリング、アクワイアリング業務を行わず、国際カード発行権(プリンシパル・メンバーライセンス)の供与のみを行っています。

プリンシパルメンバーは、国際ブランドに対して使用料を支払うことでカード発行権や加盟店契約権を取得しています。


国際ブランドからライセンスを取得するためには、厳しい審査を通過しなければなりません。

そして、審査通過後には高額なライセンス料を支払う必要があると言われています。

また、プリンシパルメンバーは、会員・加盟店が行う一連のカード取引で得た収益の一部を国際ブランドに対して支払っています。


国際ブランドは、多くの金融機関とライセンス契約を締結することで、カード会員の拡大を図っています(イシュアリング事業)。

また、プリンシパルメンバーを通じて、自社ブランドを利用できる加盟店ネットワークの構築・拡大を目指しています。


これら一連のビジネスモデル(ライセンスを取得してアクワイアリング事業、イシュアリング事業を行う)のことを、ライセンス業務もしくはライセンスモデルと呼びます。


VISAやMasterCardといった国際ブランドは、世界各国の金融機関にライセンスを供与し、ネットワークを構築しています。


VISA

VISAのカード発行業務を行うプリンシパルメンバー

現在、日本国内においてVISAから直接ライセンスの供与を受けてVisaカードを発行(イシュア業務)しているプリンシパルメンバーは以下の通りです。


  • VJA
  • 三井住友カード株式会社
  • すみしんライフカード株式会社
  • 株式会社ジャパンネット銀行
  • 株式会社セディナ
  • ソニー銀行株式会社
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • 株式会社三菱東京UFJ銀行
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • りそな銀行株式会社
  • りそなカード株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • ユーシーカード株式会社
  • 楽天カード株式会社
  • 楽天銀行株式会社
  • スルガ銀行株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • 株式会社エポスカード
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社エムアイカード
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 株式会社ジェイティービー

日本国内でVISAから直接的にライセンスの供与を受けて、VISAカードを発行している会社(プリンシパルメンバー)は数多く存在しますが、その中でも「三井住友VISAカード」は高い知名度を誇ります。

「三井住友カード」の前身である「株式会社住友クレジットサービス」は、1980年に日本初のVISAカードとして『住友VISAカード』を発行しています。

現在では、「三井住友VISAカード」だけでなく、「三井住友MasterCard」「三井住友銀聯カード」の3ブランドを展開しています。


上記以外でVISAブランドのクレジットカードを発行している会社は、これらプリンシパルメンバーと提携し、加盟店開放によるライセンス供与を受けた上で行っています。

このような企業のことをアソシエイトメンバーと言います。


ただし、メンバー以外でも国際ブランドから一部の業務を行うことを認められている例外も存在します。

これについては、アソシエイトメンバーと共に後述で解説します。


VISAの加盟店業務を行うプリンシパルメンバー

現在、日本国内においてVISAの加盟店業務(アクワイアラ業務)を行うプリンシパルメンバーは以下の通りです。


  • VJA
  • 三井住友カード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • ユーシーカード株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • 楽天カード株式会社
  • すみしんライフカード株式会社
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • 株式会社セディナ
  • トヨタファイナンス株式会社
  • 住信SBIネット銀行株式会社
  • 株式会社北國銀行
  • ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社
  • WorldPay株式会社

MasterCardのカード発行業務を行うプリンシパルメンバー

現在、日本国内においてMasterCardから直接ライセンスの供与を受けてMasterCardブランドのクレジットカードを発行(イシュア業務)しているプリンシパルメンバーは以下の通りです。


  • 株式会社青山キャピタル
  • アクセスプリペイドジャパン株式会社
  • アコム株式会社
  • 株式会社アプラスフィナンシャル
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • SBIカード株式会社
  • NTTファイナンス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • きたぎんユーシー株式会社
  • きらやかカード株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • ワイジェイカード株式会社
  • 株式会社ジェイティービー
  • シティカードジャパン株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • 株式会社セディナ
  • ちば興銀カードサービス株式会社
  • トマトカード株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • ポケットカード株式会社
  • 三井住友カード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社UCS
  • 株式会社ゆうちょ銀行
  • ライフカード株式会社
  • 楽天カード株式会社
  • りそなカード株式会社
  • 株式会社労金カードサービス

上記以外でMasterCardブランドのクレジットカードを発行している会社は、これらプリンシパルメンバーと提携し、加盟店開放によるライセンス供与を受けた上で行っています。

このような企業のことをアソシエイトメンバーと言います。


MasterCardの加盟店業務を行うプリンシパルメンバー

現在、日本国内においてMasterCardの加盟店業務(アクワイアラ業務)を行うプリンシパルメンバーは以下の通りです。


  • VJA
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • 株式会社セディナ
  • ライフカード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • ポケットカード株式会社
  • 楽天カード株式会社
  • 三井住友カード株式会社
  • トヨタファイナンス株式会社
  • ユーシーカード株式会社

アソシエイトメンバー

アソシエイトメンバー

アソシエイトメンバー(Associate Member)とは、プリンシパルメンバーのサポートを受けることでカード発行業務や加盟店契約業務を行うことが出来る団体のことを言います。

VISA International(ビザインターナショナル)は、このシステムを採用しており、これにより世界でトップレベルのネットワークを構築しています。


プリンシパルメンバーの本会員に対して準会員と呼ばれます。

アソシエイトメンバーは、プリンシパルメンバーと資本関係のある子会社もしくは関連会社である場合が一般的です。


MasterCardでは、VISAのアソシエイトメンバーに相当する団体のことをアフェリエイトメンバーと呼びます。

アフェリエイトメンバー(Affiliate Member)とは、マスターカード・インターナショナルにおけるプリンシパルメンバーのサポートを受けてカードの発行業務や加盟店契約業務を行うことが可能になる団体のことを言います。


スペシャルライセンシー

VISAインターナショナルでは、スペシャルライセンシー制(直接発行権)を導入しています。

スペシャルライセンシーとは、イシュアリング業務、アクワイアリング業務に対して一部の業務を行うことを認めたメンバーのことを言います。


スペシャルライセンシーは、正式なメンバーではなくても、VISAカードのプログラムに参加することを認められています。

主にノンバンク系の会社(銀行以外)に対して付与されており、日本では三菱UFJニコス、セディナ、クレディセゾンなどの大手クレジットカード会社が代表的です。


かつては、VJA(Visaの日本におけるメンバー)に加盟することでのみ、ライセンスの付与が認められていました。

しかし、1987年に日本信販(現在の三菱UFJニコス)、ダイエーファイナンス(現在のセディナ)、西武クレジット(現在のクレディセゾン)などの大手クレジットカード会社にスペシャルライセンシーを与えたことで、VJA以外からもVISAブランドのクレジットカードが発行されるようになりました。


クレジットカードブランド会社が開拓した加盟店を提携カード会社に開放して提携カードを発行することを加盟店開放と呼びます。

提携カードは、同じブランドマークの付いた加盟店で利用し合うこと出来ます。


まとめ

VISAやMasterCardは、プリンシパルメンバーやアソシエイトメンバー・アフェリエイトメンバーによって、自社ブランドのクレジットカードの普及を推進しています。


また、VISAは、特定のカード会社に対してスペシャルライセンシー(直接発行権)を与えることで、提携先を増やし自社ブランドの利便性向上を図っています。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


AJGLXvX W

JCBJ[h W

creditcard