Loading...
クレジットカードの付帯保険

クレジットカード インターネット不正補償の基礎知識

クレジットカード インターネット不正補償の基礎知識

クレジットカード インターネット不正補償

クレジットカードには、見に覚えのないネット上での不正取引を補償してくれる「インターネット不正補償」という保険が付帯しているものがあります。

オンライン不正利用補償」「オンラインプロテクション」などの名称で提供されている場合もあります。


クレジットカードでオンラインショッピングやネットオークションなどのサービスを利用する場合は、インターネット不正補償が付帯していればなにかと安心です。

このページでは、クレジットカードに付帯されるインターネット不正補償に関する特徴や基礎知識について説明しています。



インターネット不正利用とは

インターネット不正利用とは

クレジットカードを使用してインターネット上でショッピングをするのは、とても便利で楽しいものですが、様々な落とし穴があることを忘れてはいけません。

近年、悪質サイトにカード情報などの個人情報を入力したことで、それらの情報が盗まれるという被害が後を絶ちません。

また、盗まれたカード情報(クレジットカード番号・名義人・有効期限・セキュリティコードなど)を悪用して、クレジットカード決済を行うなどの不正利用により、後日、多額の請求が届くという被害も多数報告されているようです。


このような、インターネット不正利用における代表的なものに、「なりすまし」があります。


なりすましとは

なりすまし

なりすましとは、ネット上でカード情報(カード番号と有効期限など)を盗み取り、そのカード情報をECサイトに入力して買い物を行うという犯罪です。

名称の通り、カードの所有者本人になりすまして不正利用を行う点が特徴です。


なりすましは、フィッシング詐欺で不正に入手した個人情報を使用するケースが一般的です。



フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺とは、インターネットのユーザから重要な個人情報(例:ユーザ名、パスワード、クレジットカード情報)を奪うために行われる一連の詐欺行為のことを言います。その手口は、次の通りです。


有名企業(金融機関やクレジットカード会社)などを装った偽の電子メールを一般ユーザーに送りつけ、本文に記載したURLリンクから偽のWEBサイト (フィッシングサイト) に誘導させます。

偽サイトには、もっともらしい説明文とと共に個人情報を入力するためのフォームが設置されています。

そのフォーム内に、クレジットカード番号、アカウント情報(ユーザID、パスワードなど)などの個人情報を入力するように仕向け、最終的にそのデータをユーザー本人に送信させることで、個人情報を盗み出します。


聞き出そうとする個人情報

  • 住所、氏名、電話番号
  • クレジットカード番号、キャッシュカード番号、暗証番号
  • オークション、プロバイダ、電子メール等のID・パスワード

昔からある古典的な詐欺の手口ですが、本物そっくりに偽装したサイトや文面を用いるため、現在でも被害者は後を絶ちません。



インターネット取引は、非対面で行われるという性質を持つため、対象となる人物の個人情報さえ保有していれば、ECサイトやネットショップなどで本人になりすまして注文をすることも可能となります。


ネットショップ側は、注文者がカードの所有者本人かどうかを確認する方法がないため、特に後払い式のネットショップで行われやすいという特徴があります。


なりすまし犯罪は、カード所有者本人に見つからないように、高額な商品を派手に購入するのではなく、少額決済での取引を重ねるケースが多いようです。

発覚までに時間がかかる傾向があるため、長期間に渡って被害に遭うことになり、累積額で見た場合はかなりの高額になっていることも珍しくありません。


このように、ネットショッピングをする際は、第三者からのカード不正利用のリスクに対して、十分に注意を払う必要があります。


しかし、どれだけ本人が不正利用に注意をしていても、被害に遭う確率はゼロではありません。

ネットショッピングを手がける企業がサイバー攻撃に遭ったことで、顧客のカード情報が盗みとられる事案も増えているからです。


最近では、オンライン取引の利用者数増加に目を付けた、違法業者の存在が大きく取り沙汰されています。

事実、クレジットカードの不正利用件数は年々増加傾向あります。


なりすましと偽造クレジットカードの違い

なりすましと偽造クレジットカードの違いは、クレジットカードの有無で判別することが出来ます。

なりすましは、収集したデータをそのまま悪用しているのに対して、偽造クレジットカードは、不当に入手したデータを元に偽造したカードを使って不正利用を行います。


偽造クレジットカードは、スキミングしたカード情報を元に作成されます。



スキミングとは

スキミングとは、磁気情報読み取り装置(スキマー)などを使い、クレジットカードなどの磁気情報を読み出すことを言います。

クレジットカードの磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つ偽造クレジットカードを複製します。

飲食店や小売店のレジカウンターの横にスキマーを設置し、会計の際に盗み出すケースが一般的です。

また、スキマーは、ATMや自動券売機のカード挿入口に取り付けられている場合もあります。


スキミングは、データだけを抜き取られるため、盗難と違いカードは手元に残ります。そのため、被害に遭った場合、気づきにくいという特徴があります。


ICチップ付きのクレジットカードであれば、簡単に読み取ることが難しくなるため、スキミングの防止策として機能します。




カード情報を入手する手口としては、スキミングだけでなく、警察官やカード会社の社員などを騙って聞き出す方法や、空き巣・車上荒らしなどの実力行使に出る場合もあります。


なりすましは、カード情報だけを悪用するため、ほぼ100%がネット上での被害です。

一方、物理的な実体を持つ偽造カードは、主に実店舗で利用されます。


どちらも、カード会社からの請求を確信した後で、その被害に気づく場合が多いようです。

定期的に「WEB明細サービス」をチェックすることで、取引内容に不審な点はないかどうか調べる習慣をつけるようにしましょう。


不正利用の被害に遭った場合、重要になるポイントは、その被害額が補償されるのかどうかではないでしょうか。

基本的に、なりすまし被害は、インターネット不正補償が適用されます。


一方、偽造クレジットカードによる被害は保険適用外となる場合があります

ただし、偽造クレジットカード被害は、カード会社によって扱いが異なる場合があるため、詳しい内容は直接お問い合わせ下さい。


なりすまし偽造カード
手口フィッシングサイトなどスキミングなど
不正利用インターネット上実店舗
適用される保険インターネット不正補償適用されない場合がある

近年は、IC化されたクレジットカードが増えているため、スキミングによる偽造カードの被害は減少傾向にあります。

その反面、ネットショッピングは増加傾向にあることから、それに比例する形でなりすまし被害も増加しています。


インターネット不正補償とは

インターネット不正補償とは

インターネット不正補償(オンラインプロテクション)とは、本人に心当たりのない、ネット上での不正な取引による損害を補償してくれる保険です。

よく似た保険に、「紛失・盗難補償」がありますが、本来は別の保険として扱われます。

一部のクレジットカードに付帯されている紛失・盗難補償の中には、ネット上の不正利用に対応しているものもあるため、実際のところ線引きは曖昧です。


クレジットカード会社の調査結果によっては、インターネット不正補償ではなく、紛失・盗難補償が適用される場合もあります。



ネットショッピングを利用する際に、カード情報の流出を懸念して抵抗があるという方は、インターネット不正補償が付帯したクレジットカードを選んでみてはいかかでしょうか。


インターネット不正補償の手続手順

インターネット不正補償の手続手順


カード会社へ連絡

不正利用に気がついたら、すぐにカード会社・カスタマーセンターに連絡してカードの機能の停止を要請して下さい。

クレジットカードのカスタマーセンターは、365日24時間電話サポートに対応しています。

カード券面の裏側に記載されている電話番号からお問い合わせ下さい。


注意すべきポイントとしては、被害から60日以内に届出をしないと補償の対象外となる点です。

不正利用に気づいても60日が経過していた場合は、原則被害額を支払うことになるため、毎月の請求額・利用明細はきちんと確認することをおすすめします。


カード情報が第三者に知られた場合は、新しいカードの交換を依頼しておきましょう。


カード会社の調査に協力

カード会社としては、不正利用の原因を究明する必要があるため、カード利用者への調査を行う決まりとなっています。

カード会社の調査では、本人の過失の有無が主な争点となります。

カード情報が盗まれたと思われるサイトや、セキュリティソフトの導入の有無など、調査への協力を惜しまないように努めてください。虚偽の報告をした場合は、補償の適用を受けることが出来ない場合もあるため、くれぐれも気をつけましょう。

調査内容によっては、所定の書類の提出が必要になる場合があります。


請求の取り消し

調査の結果、第三者による不正使用と認められた場合は、請求は取り消されます。

これにより、請求されていた不正利用による被害額を支払う必要はなくなります。


カードの交換

第三者にカード情報が流失していることが判明した場合は、カード会社からカードの交換に関する電話、もしくは書面が届きます。

書面の内容をよく確認した上で、必要事項に記入をし、カード会社に返送して下さい。


新たに発行されるカードは、それまでのカードとは別物になるため、公共料金や電話料金などをカード払いにしている場合は、忘れず登録をし直すようにしましょう。


被害額の補償

ネット上での第三者による、不正利用に関する被害額を限度額の範囲内で補償してもらえます。


ただし、被害の補償を受けるためには条件があります。

カード会社による調査の結果、規約違反や故意・過失がないと判断された場合にのみ補償は適用されます。


補償が適用されないケース

補償が適用されないケース

インターネット不正補償の適用に際しては、適用外となるケースがあることも忘れてはいけません。

カード付帯の保険は、基本的に本人に重大な過失がある場合は補償の適用外となります。


被害届が対象期間を過ぎている場合

不正利用を発見しても、被害の届け出が対象期間(被害発生日から60日間)を過ぎた場合は、補償の適用を受けることは出来ません。

不正利用を見落とさないようにするためにも、毎月の明細をチェックするようにしましょう。


暗証番号を利用した決済の場合

クレジットカードの暗証番号の管理に落ち度がある場合は、本人の過失とみなされることがあります。

暗証番号が漏洩したことにより、不正利用をされた場合は、本人の管理が不十分だと判断され補償されないことがあります。

暗証番号の使い回しは避け、第三者に知られないように厳重に保管するようにして下さい。



暗証番号を利用した決済の場合

補償の適用は、基本的にカード会員本人のみに限られます。

カード会員本人以外の家族や同居人がクレジットカードを使用した場合は、故意・過失を問わず補償を受けることは出来ません。


まとめ

インターネット不正補償が付帯しているクレジットカードであれば、不正利用を過剰に恐れることなくネットショッピングを楽しむことが出来ます。

特に、クレジットカードを利用する場面はネット上のみに限られえるという人にとっては、うってつけの保証サービスだと言えます。


最近では、24時間365日、カードのモニタリング(不審カード利用チェック)を行うカード不正使用検知システムを導入しているカード会社もあります。

カード不正使用検知システムが導入されているものであれば、不正利用の可能性のある事態を事前に発見してくれます。


ネット上でクレジットカードを利用するシーンが増えているため、カード会社はセキュリティの強化や補償を充実させています。


かつては、インターネット不正補償が付帯しているクレジットカードと言えば、アメックスや三菱UFJニコスなどの一部のカードに限られていました。

そして、現在でも自動付帯しているカードの種類は決して多くはありません。


しかし、オンライン上でのセキュリティ問題は、社会的に大きな関心事であることから、今後はネット不正補償の普及や拡充が図られることが予想されます。


インターネット不正補償で選ぶおすすめクレジットカード

インターネット不正補償が自動付帯しているクレジットカードをまとめています。カード選びの参考にしてみて下さい。


三井住友VISAクラシックカード
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友VISAクラシックカード無料1,250円(税抜)
1,350円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.454% ~ 1.000%  
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高2,000万円年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
概要
この一枚で世界が広がるスタンダードなカード!ICカードも選べて安心・安全!
公式サイト

三井住友トラストVISAカード
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友トラストVISAカード無料1,250円(税抜)
1,350円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.50% ~ 1.00%  
前年度のお買物利用回数が3回以上の場合、無料。
3回未満の場合、税抜400円+税
2人目から1名様につき、税抜400円+税
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高2,000万円100万円100万円
概要
本会員・家族会員初年度年会費無料!VJポイントUPモールで、いつものショップがポイント最大20倍!貯まったポイントは、マイレージにも移行可能!
公式サイト

楽天カード
初年度年会費年会費 2年目以降
楽天カード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 4.000% ○ 540円
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最大2,000万円
概要
年会費永年無料!Edy機能搭載カード!ポイント還元率1%、楽天でポイントがいつでも4倍!
公式サイト

Yahoo! JAPANカード
初年度年会費年会費 2年目以降
Yahoo! JAPANカード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 3.000% ○ 540円
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高100万円最高100万円
(Yahoo!ショッピングの利用は年間200万円まで)
概要
100円=1ポイント、Tポイントがどんどん貯まる!Yahoo!ショッピングなら3倍!Yahoo! JAPANのサービスをよりおトクに使えるクレジットカード!
公式サイト

アメリカン・エキスプレス・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
アメリカン・エキスプレス・カード無料12,000円(税抜)
12,960円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.333% ~ 0.400%
6,000円+消費税
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円500万円500万円
概要
日常のちょっとした買物や趣味を楽しむひとときに、非日常の時間を満喫する旅に、充実した毎日を心から楽しむ人の一枚。

JCB一般カード
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB一般カード無料1,250円(税抜)
1,350円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.5%~0.75%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高3,000万円最高3,000万円最高100万円
概要
海外デスク&旅行保険が人気!海外利用はポイント2倍!JCBプロパーカード。

三菱UFJニコス VIASOカード
初年度年会費年会費 2年目以降
三菱UFJニコス VIASOカード data-recalc-dims=無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500% ~ 1.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円年間100万円 購入日から90日以内。年間100万円 購入日から90日以内。
概要
利用金額に応じてたまるVIASOポイントは、手続き不要のオートキャッシュバックが人気!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



NWbgJ[hOr