Loading...
クレジットカードの審査

クレジットカードの申し込み資格・条件 「年齢」について

クレジットカードの申し込み資格・条件 年齢制限について

クレジットカードの申し込み資格・条件とは

クレジットカードを申し込む際は、カード会社が設けている申し込み条件・入会資格をクリアしていることが前提となります。

クレジットカードの申込時には、必ず記入欄に「年収」や「年齢」「雇用形態」「勤続年数」などの項目が設けられています。


このページでは、「年齢」にスポットを当てて解説をしていきます。



申し込み時の年齢制限

クレジットカードの申し込み時には、申込者の支払能力を判断するために、必ず年齢制限が設けられています。

つまり、クレジットカードを作る場合は、申込者は対象年齢の範囲内であることが条件となります。


それでは、申し込み時の対象年齢範囲の上限と下限を見ていきましょう。


申し込み年齢の下限は18歳

申し込み年齢の下限は18歳

クレジットカードの申込資格として、下限年齢が定められています。

申込者の年齢は、原則、18歳以上であることが求められます。

これは、18歳という年齢が、社会的な責任能力を持つひとつの指標として、一般に広く認識されていることが理由とされています。


ただし、年齢がちょうど18歳の場合は、社会人か高校生かで扱いが異なります。


社会人の場合

クレジットカードを作るためには、申込者の支払い能力が重要になります。

支払い能力とは、収入を得ているということと同じ意味だと言えます。

高校生ではなく、既に社会人として勤労して得た収入で生活している場合は、自らの責任に基づいて申し込むことが出来ます。


しかし、現在の民法では、「未成年者が親の同意なくクレジットカードやローンを契約した場合に原則取り消すことができる」という規定(未成年者取消権)を設けています。

そのため、未成年がクレジットカードに申し込む際は、18歳以上であっても親の同意が必要になります。


ちなみに、将来的には、そのあり方が大きく変わることが確実視されています。


2018年6月13日、政府は、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案を可決しました。

これにより、2022年4月1日より、成人年齢は18歳に引き下げられる見込みです。

この改正案が施行されれば、18歳であっても、親の同意なしでクレジットカードが作れるようになるようです。


ただし、親権者の同意に関する必要性については、各カード会社の規定に基づくため、成人年齢が引き下げれた場合でも必要になるケースが出てくるかもしれません。


高校生の場合

高校生の場合、仮にアルバイトをして収入を得ていたとしても、クレジットカードに申し込むことは出来ません。


ほとんどのクレジットカード会社は、申し込み条件として「高校生を除く18歳以上」を原則としています。


クレジット(立替払い)契約は、当事者間の合意に基づいて成立する法律行為であるため、社会的な責任を負うことになります。

通常、高校生は学業が本分であるとされています。

そのため、たとえアルバイトで収入を得ている場合でも、安定して支払いが出来るだけの資力が無いとみなされます。


しかし、現実には、高校生でもキャッシュレスの決済手段が必要になる場合があります。

たとえば、留学や修学旅行などで海外に赴く場合です。


高校生がキャッシュレスの決済サービスを利用しようと思った場合は、「家族カード」か「デビットカード」のいずれかを持つという2種類の方法があります。


家族カード

クレジットカードには、「家族カード」と呼ばれる種類のカードがあります。


家族カードとは

家族カードとは、安定した収入のある本会員であれば、その家族にも同等の付帯特典が付いたクレジットカードが発行されるサービスのこと。



家族カードの申込条件は、本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子(高校生を除く)と明記されている場合が一般的です。

そのため、多くのカード会社は、高校生への家族カードの発行は不可としています。


しかし、カード会社によっては、家族カードに関する例外規定を設けています。

家族カードの発行は、原則、「高校生を除く18歳以上」と定められていますが、「海外で使用する場合」は例外扱いとするケースがあります。


当然、海外では、現金を持ち歩くよりもクレジットカードを所持している方が安全性に優れるというメリットがあります。

そのため、海外利用に限り、例外的に家族カードの高校生への発行を認めているケースもあります。


たとえば、三井住友カードでは、留学など海外でカードを利用する場合に限り、「中学生を除く満15歳~18歳のお子さま」を家族カードの申込対象としています。

家族カードの申し込みは、お手持ちのクレジットカードの裏面に記載されているサポートデスク等の連絡先から行うことが出来ます。


ただし、海外利用を原則としているため、発行された家族カードを帰国後に日本国内で利用することは出来ません。

また、家族カードを使用した場合の購入履歴は、本会員(親)に全て把握されることになります。


デビットカード

また、クレジットカードとほぼ同様の決済機能を持つデビットカードを入手するという方法もあります。


デビットカードとは

デビットカードとは、預金口座と紐付けられた決済用カードのこと。

クレジットカードとは異なり、デビットカードを利用して決済すると代金が即時に口座から引き落とされる。


デビットカードは、信用取引を前提とするクレジットカードほど、申込資格のハードルが高くない点が特徴です。

商品購入とほぼ同時に金融機関の預金口座から代金が引き落としされるため、口座に残高が無い場合は利用することが出来ないという仕組みになっています。

この点が、クレジットカードとの大きな違いであり、申込者の支払い能力を厳しくチェックする必要がない理由です。


また、クレジットカードのようにキャッシング機能が付帯されていないことも理由の一つと言えるでしょう。


デビットカードの申込年齢は、一般的に「15歳もしくは16歳以上(中学生を除く)」とされているため、高校生であれば申し込むことができます。


ただし、申し込みを希望するデビットカードを発行している金融機関の預金口座を持っていることが条件となります。

たとえば、 「SMBCデビット」を希望する場合は三井住友銀行の口座を、「三菱UFJデビット」を希望する場合は三菱UFJ銀行‎の口座を開設する必要があります。


かつては、デビットカードは、クレジットカードに比べて利用出来る店舗が限られていたため、使い勝手が悪いと言われていました。

しかし、現在は、利用可能な店舗も増えているため、クレジットカードと遜色なく利用することができます。


大学生、専門学校生の場合

大学生、専門学校生の場合

18歳以上の大学・短大・専門学校・専修学校などの学生は、年齢面での申し込み基準をクリアしています。

ただし、学生は、20歳以上で収入を得ている場合でも、未成年者と同様に親権者の同意書が必要になります。


なぜなら、学生は、授業料や生活費など多くの面で親の支援によって生活を送っているとみなされ、支払い能力を疑問視されるからです。

法律上は、成人していれば、親の同意なしでクレジットカードに申し込むことが可能です。

しかし、カード発行会社は、貸し倒れリスクを最小限に抑える必要があるため、現実には親権者の同意を求めます。


そのため、学生がクレジットカードを申し込む際は、親権者の同意と併せて申し込み書類への署名・捺印を用意する必要があります。


また、学生は、基本的に「安定した収入」を得ているとは限らないため、申し込み条件・入会資格を満たしていないと考える人もいらっしゃるかと思います。


実際には、学生は親権者の庇護下にあると判断されます。

そのため、親の収入が安定してさえいれば、本人の属性に左右されることなく、審査に通るケースも多いようです。



学生向けクレジットカード「学生カード」

学生向けに作られたクレジットカードに、「学生カード」「学生専用カード」があります。

学生カード(学生専用カード)とは、18歳以上の大学・短期大学・専門学校・専修学校などの学生向けに発行される学生専用のクレジットカードです。

通常のカードに比べて、利用限度額が低く設定(10万円~30万円程度)されている点や、キャッシング枠が付帯されてない、もしくは、枠が少ないという特徴があります。


また、在学中は年会費が無料になったり、ポイント還元が優遇されていたり、学生に嬉しい特典が充実しているなど、実利面でのメリットも魅力です。


学生の方であれば、誰でも申し込むことが出来ますが、卒業間近のタイミングに申し込んだ場合は、審査落ちになるケースが多いため、後述する「若年層向けカード」か「一般カード」に申し込むことをおすすめします。

学生カードは、基本的には学生の間だけ使用できるカードです。そのため、多くのカードは学校を卒業すると「一般カード」へ自動的に切り替わります。


「それなら、はじめから年会費無料の一般カードに申し込む方がいいのでは?」と思う人もいらっしゃるかと思います。

しかしながら、学生カードは、一般カードに比べて審査が厳しくなく、作りやすい傾向にあるため、初めて持つクレジットカードとしては最適な一枚となっています。



代表的な学生カード

代表的な「学生カード」には、次のようなものがあります。


三井住友VISAクラシックカード(学生)
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友VISAクラシックカード(学生)
在学中無料在学中無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%~1.000% 
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
年間100万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10~30万円10~30万円0~30万円0~5万円
概要
ポイント2倍学生カード。在学中年会費無料。
紛失・盗難補償や最高100万円のライフ&スポーツ賠償付 自転車保険などが付帯する学生向けカード。
公式サイト

JALカードnavi
初年度年会費年会費 2年目以降
JALカードnavi在学期間中年会費無料在学期間中年会費無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000%~2.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円年間100万円
(JCBのみ)
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10万円10万円0~10万円
概要
18歳以上30歳未満の学生向けクレジットカード。在学期間中は、マイルの有効期限が無期限。「サカイ引越センター」「日本通運」を利用時の割り引きサービスが付帯。

ANA カード(学生用)
初年度年会費年会費 2年目以降
ANA カード(学生用)在学期間中年会費無料在学期間中年会費無料
1,150円(税抜)
1,242円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
【VISA/MasterCard】
0.500%~2.000%
【JCB】
1.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1,000万円最高1,000万円年間100万円
(1回払いも可)
年間100万円
(JCB:リボ払いに限る、VISA/MasterCard:リボ払いor分割払い(3回以上)
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10万円~30万円10万円~30万円0~30万円0~5万円
概要
18歳以上の学生向けクレジットカード。旅行はもちろん、普段の生活もしっかりサポート。学生カード限定のボーナスマイルや学生価格のパッケージツアーなどのサービスが魅力。


若年層向けカード

若年層向けカード

若年層の方が入手しやすい代表的なクレジットカードに、「若年層向けクレジットカード」(ヤングカード)があります。


若年層向けクレジットカード(ヤングカード)とは、その名の通り、18歳~29歳までなど若年層を対象とするクレジットカードです。

学生しか持つことが出来ない「学生カード」とは違い、正社員や派遣社員、契約社員、アルバイト、パートなど、幅広い雇用形態で働く方も対象としています。もちろん、学生の方も対象の範囲となります。


若年層向けクレジットカードは、学生カードと同様に年会費無料(条件付のものもある)で、ポイント還元に優れるという特徴があります。

また、それに加えてワンランク上のゴールドカードも用意されているものもあるので、選択肢の幅が広く、目的や用途に合わせて選ぶことが出来ます。


若年層向けカードは、対象年齢を過ぎると会員規則に則り、一般カードに自動的に切り替わります。


代表的な若年層向けカード

代表的な「若年層向けカード」には、次のようなものがあります。


三井住友VISAデビュープラスカード
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友VISAデビュープラスカード無料前年1回以上の利用で年会費無料
【利用がない場合】
1,250円(税抜)
1,350円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.909%〜1.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
最高100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10~30万円10~30万円0~30万円0~5万円
概要
18歳~25歳限定のクレジットカード。いつでもポイント2倍!入会後3ヶ月間はポイント5倍!
海外留学や卒業旅行にもこの1枚で安心!
公式サイト

JCB CARD EXTAGE
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB CARD EXTAGE無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500% ~ 2.500%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高100万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10万円〜50万円
学生:10万円〜30万円
10~50万円
学生:10万円
0~50万円
学生:0~10万円
0・10万円
概要
18歳以上29歳以下を対象とするクレジットカード。年会費無料でポイントがおトクにたまる!
入会後3ヶ月はポイントが3倍!入会後4ヵ月目以降は1.5倍!

JCB GOLD EXTAGE
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB GOLD EXTAGE3,000円(税抜)
3,240円(税込)
3,000円(税抜)
3,240円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~2.50%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円最高200万円最高200万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
50万円~100万円50万円~100万円0~100万円20万円~60万円
概要
29歳以下の方が対象の、JCBゴールドカード。Oki Dokiポイントが入会後3ヵ月間は3倍!入会後4ヵ月目以降は1.5倍!
空港ラウンジサービス等、ゴールドサービスが充実!

ANA JCBカード ZERO
初年度年会費年会費 2年目以降
ANA JCBカード ZERO無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高100万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
個別に設定個別に設定個別に設定個別に設定
概要
18歳~29歳の方で、5年間限定で保有できるANAカード。搭乗ごとに区間基本マイレージ10%が貯まる。電子マネー「QuicPay」、「PiTaPa」、「楽天Edy」に対応。

申し込み上限年齢について

申し込み上限年齢

クレジットカードの申し込み年齢は、カード発行会社により、明確な下限が設定されています。

しかし、上限についてははっきりと何歳までと決められていません。

あくまでも各カード発行会社の規定に基づき判断されます。


ただし、高齢になるにつれ、健康上のリスクも高まります。

そのため、一般的には、65歳~70歳までを上限としているケースが多いようです。


定年退職後の年金受給者であっても、年齢の条件をクリアしていればクレジットカードに申し込むことが出来ます。

これは、多くのカード会社が、年6回の年金の受け取りを「安定的な収入」とみなすためです。


ただし、前述の通り、年齢を理由に断られるケースもあるため、確実性という点では疑問が残ります。


高齢者の方が新規でクレジットカードを持つ場合は、高齢者向けのクレジットカード「シニア向けカード」に申し込むという方法があります。


シニア向けカード

シニア向けカード

シニア向けカードとは、60歳以上〜高齢者の方を対象としたクレジットカードのことを言います。

定年を迎えて第二の人生を楽しむ人に向けたサービスが数多く付帯している点が特徴です。

具体的には、特定の鉄道会社が提供する切符料金の割引やツアーのパック料金の割引、暮らし・グルメ・健康・カルチャーなどに特化した特典などが備わっています。


セカンドライフを楽しむ上で、力強い味方になってくれる「シニア向けカード」ですが、申し込み時に注意すべきポイントがあります。

それは、申し込みに際して、既にクレジットヒストリー(クレヒス)がある人でないと、審査に落ちる確率が高くなるという点です。



ある程度の資産がある方でも、これまで一度もクレジットカードを作ったことが無い場合は、与信審査において大きく不利になります。

ただし、クレジットカードを作ったことのない方でも、これまでにローンを組んだことがあり、延滞などの金融事故を起こすことなく、正しく返済を続けていた方であれば審査時に有利になります。

しかしながら、信用情報機関に登録される情報は、完済して5年間が目安のため、既にその期間を過ぎている場合は難しい場合もあります。

そのため、基本的にクレジットカードは、会社を退職する前の段階で作っておくことをおおすすめします。


また、60歳以上の方でも作りやすい、シニア向けのクレジットカードというものがあります。


代表的なシニア向けカード

代表的な「シニア向けカード」には、次のようなものがあります。


大人の休日倶楽部ジパングカード
初年度年会費年会費 2年目以降
大人の休日倶楽部ジパングカード4,285円
(年会費:3,770円+カード年会費:515円)
夫婦会員:7,320円
4,285円
(年会費:3,770円+カード年会費:515円)
夫婦会員:7,320円
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~1.87%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高500万円最高1,000万円
総利用枠ショッピング枠リボ払い・分割払い利用枠キャッシング利用枠
10万円~80万円10万円~80万円個別に設定個別に設定
概要
男性:満65歳以上、女性:満60以上を対象とするシニア向けカード。JR東日本とJR北海道の切符が何回でも30%割引。Suica機能が付帯。

まとめ

クレジットカードを申し込むにあたって、「収入」と共に重要になるのが「年齢」です。

クレジットカードは、「高校生を除く満18歳以上」という条件を満たしていないと作ることが出来ません。


また、クレジットカードには、「学生カード」や「若年層向けカード」、「シニア向けカード」など、特定の年齢や身分の方を対象としたものも存在します。

自分の年齢や立場に合ったクレジットカードを持つことで、今の生活がより豊かで便利になるはずです。

クレジットカードの作成を検討される方は、今の自分にメリットがある、特定の年齢層を対象とするクレジットカードに申し込んでみてはいかがでしょうか?



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


AJGLXvX W

JCBJ[h W

creditcard