Loading...
クレジットカードの役立つ情報

年会費無料のクレジットカード メリット・デメリット

年会費無料 クレジットカード

年会費無料のクレジットカード

クレジットカードを選ぶ上で 年会費無料 というポイントは、大きなウェイトを占めるといっても過言ではありません。

クレジットカードに求めるものが、ステータスやハイクラスなサービスなどではなく、実用性や使い勝手だという人にとっては、年会費無料はマストだと言えるかもしれません。

年会費無料のクレジットカードの中には、入会キャンペーンでポイントがもらえるカードや様々な特典・サービスが付いたものも存在します。


クレジットカードをおトクに使いたい人は、年会費無料のものを選んでみてはいかがでしょうか?

このページでは、年会費無料のクレジットカードを選ぶ上でのポイントや、メリット・デメリットなどについて説明をしています。



クレジットカードの年会費

クレジットカードにおける年会費とは、カード会社から毎年請求される会費のことを言います。

通常、年会費は、利用の有無に関わらず、毎年かかることになります。


つまり、まったく使っていないカードでも自動的に決まったお金が引き落とされるので注意が必要です。


ただし、年会費には、ポイント還元や購入割引、保険、空港ラウンジの利用、サポートデスクなどの付帯サービスが含まれています。

利用頻度によっては元が取れることになるため、その点を勘案した上でカードの選別を行うことをおすすめします。


もし、年会費のかかるクレジットカードを複数枚所有している場合は、カードを解約し処分することも視野に入れておきましょう。



年会費がかかるカードとしては、一般カード(ベーシックカード)で1,000~1,500円(税抜)、ゴールドカードで10,000円(税抜)程度の場合が多いようです。

ただし、クレジットカードの年会費に関しては、カード会社ごとに異なります。


年会費の請求タイミング

年会費が請求されるタイミングは、入会時期によって変わってきます。

一般的には、入会月の翌月、または翌々月が毎年の請求月となります。


ただし、カード会社によってそれぞれ異なります。

そのため、年会費請求月の確認は、カードの裏面に記載されているサポートセンターに連絡する方が確実です。


年会費無料 の特徴

年会費無料 特徴

頭ごなしにクレジットカードを持たない、利用しないと考えるよりも、年会費無料カードに関しては、持っていた方が何かと便利です。

カードを保有することでの負担はゼロなので、作っておいてもデメリットはありません。


また、2枚目のカードが欲しいという方は、年会費が無料のカードを選んでみてはいかがでしょうか。


年会費無料には、年会費永年無料年会費初年度無料条件付き年会費無料があります。

それぞれの違いを確認しておきましょう。


年会費永年無料

年会費永年無料は、初年度だけでなく2年目以降もずっと年会費がかからないということです。

年会費無料のカードを希望する場合は、永年無料のものを選ぶのがおすすめです。


楽天カード
初年度年会費年会費 2年目以降
楽天カード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 3.000% ○ 540円
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最大2,000万円
概要
年会費永年無料!Edy機能搭載カード!ポイント還元率1%、楽天でポイントがいつでも3倍!
公式サイト

Yahoo! JAPANカード
初年度年会費年会費 2年目以降
Yahoo! JAPANカード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 3.000% ○ 540円
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
概要
100円=1ポイント、Tポイントがどんどん貯まる!Yahoo!ショッピングなら3倍!Yahoo! JAPANのサービスをよりおトクに使えるクレジットカード!
公式サイト

イオンカード
初年度年会費年会費 2年目以降
イオンカード無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500% ~ 2.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
概要
イオンでのお買い物をもっとおトクに、もっと便利に。イオングループの対象店舗なら、ポイントがいつでも2倍!
公式サイト

JCB CARD W
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB CARD W無料無料
還元率ブランドETC家族カード
1.00%~3.50%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高100万円
概要
39歳以下・WEB入会限定のクレジットカード!ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
公式サイト

年会費初年度無料

年会費初年度無料とは、その名の通り、申し込んだ初年度の年会費はかかりませんが、翌年以降は年会費がかかるカードのことを言います。

初年度とは、最初の年度のことを言います。つまり、入会月(カード券面の有効期限月)を基準として、翌年の有効期限月末までの1年間を指します。


例:入会月が1月の場合は、入会された年の1月~翌年1月末日までの1年間が初年度となります。


三井住友VISAクラシックカード
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友VISAクラシックカード無料1,250円(税抜)
1,350円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.454% ~ 1.000%  
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高2,000万円年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
年間100万円
リボ払い・分割払い(3回以上)の利用のみ対象。
概要
この一枚で世界が広がるスタンダードなカード!ICカードも選べて安心・安全!
公式サイト

シェルPontaクレジットカード
初年度年会費年会費 2年目以降
シェルPontaクレジットカード無料1,350
還元率ブランドETC家族カード
1.000% ~ 4.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円年間限度額100万円年間限度額100万円
概要
昭和シェルSSでのクレジット決済で給油1ℓにつき2ポイントたまる!昭和シェルSS以外のPonta提携社でもクレジット決済でポイント2倍!その他クレジット決済は100円につき1ポイント!
詳細

ミライノ カード
初年度年会費年会費 2年目以降
ミライノ カード無料900円(税抜)
972円(税込)
年間10万円以上のご利用で次年度無料
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~1.00%×
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高2,000万円最高2,000万円
概要
住信SBIネット銀行が発行する「ミライノ カード」あらゆるシーンでポイント還元率最大1.0%!
公式サイト

条件付き年会費無料

条件付き年会費無料とは、初年度は無料のものが多く、翌年度からは年会費がかかる場合が一般的です。

これだけだと年会費初年度無料と同じにみえますが、条件付きの場合は、翌年度の利用状況により2年目以降も無料になります。

2年目以降も一定額以上のカード利用を行っていれば、年会費がかからないものもあります。


年会費無料カードのメリット

年会費無料カードのメリットには、以下のようなものがあります。


所有することで発生するお金が一切不要

永年年会費無料と謳っている場合は、基本的にずっと無料でクレジットカードを利用し続けることが出来ます。

金銭的な負担を一切したくない場合は、永年年会費無料のカードを選ぶとお得です。


家族カードも年会費無料

年会費無料カードは、家族カードを作る場合の年会費も無料のケースが一般的です。

家族カードは、ほとんど本人会員カードと同等のサービス内容となっています。

家族カードのメリットは、家族がカードを使う場合でも、ポイントを本会員に集めることが出来る点です。


家族カードは、一般的に会員一人につき3枚まで作ることが出来ます。


ただし、家族カードの場合は入会特典がないため、はじめから長期間の利用を計画している場合は、本人がカード会員になった方がメリットが大きいこともあります。


ETCカードも年会費無料

ETCカード機能は、クレジットカードに付帯されるケース(ETC一体型クレジットカード)も多く、車で遠出をする時などには便利です。

年会費無料カードでも、無料でETCカード機能を付けることが出来るので、付けておいて損はないでしょう。


年会費無料カードのデメリット

クレジットカードは、基本的に持っておいても無駄にはならないですし、特にデメリットはありません。

また、ここで述べるデメリットとは、あくまでも年会費が有料のカードと比較した場合のデメリットです。


還元率が高いカードは有料カードの方が多い

年会費が有料のカードに比べて、年会費が無料のカードはポイントの還元率が低く設定されている場合が多いようです。

ポイント還元率が高いカードであれば、ポイントを貯めることで、キャッシュバックや割引、商品やサービスとの交換を行う際の恩恵が大きくなります。


年会費有料のカードの中には、ポイント還元率が2%のものもあるため、年会費を払っても利用価値があると言えます。

この辺りは、ライフスタイルや実際の利用頻度の兼ね合いで、選えらぶことをおすすめします。


旅行保険や付帯特典がないものも

年会費無料のクレジットカードのサービス内容は、基本的にシンプルです。必要最低限の機能しか持ち合わせてないと考えることも出来ます。

そのため、旅行保険やその他の付帯特典がないものも少なくありません。


海外・国内旅行保険

特に、旅行保険がないというのは、海外旅行に行く機会が多い人には、大きなデメリットだと言えます。

海外旅行に行く場合は、別会社と保険の契約をする必要があるため、手間や費用がかかります。


それなら、年会費無料にこだわらず、有料のカードを作った方が簡単で便利です。

年会費有料カードなら、海外旅行であれば最大1億円、国内旅行なら最大5,000万円まで補償してくれるものもあります。

旅行保険は、クレジットカードを持っているだけで自動で付帯されるので、面倒な手間もかかりません。


ショッピング保険

多くの年会費有料カードでは、ショッピング保険(ショッピングガード保険・お買い物保険・ショッピングプロテクション)が自動で付帯されています。

以前は、ゴールドカード以上のグレードにしか付いていませんでしたが、最近では一般カード(ベーシックカード)にも付帯されている場合も少なくありません。


カード決済した商品であれば、盗難や破損、火災被害に遭ったものでも、原則補償されます。

また、カードで購入した商品の修理代を請求することも可能です。

その他にも、第三者に譲ったものも補償対象となるため、プレゼントしたものでも保険が適用されます。


年会費無料カードでもショッピング保険が付いているものもありますが、補償金額が小さく、満足な補償が受けれない場合があります。

年会費無料~1,000円台のクレジットカードの場合は、年間100万円までが一般的な補償金額です。また、補償期間は通常90日です。


ゴールドカードであれば、最高500万円まで補償してくれるのが一般的です。

補償期間も120日間や180日間と長めに設定されています。


年会費無料は、ショッピング保険が付帯されていないカードも意外とあるので、心もとなさは否めません。


優待特典

年会費有料のクレジットカードでは、独自の優待特典を付帯しているケースが多く、様々なシーンでおトクに利用出来ます。

優待特典は、空港までの手荷物配送サービス、空港ラウンジ無料利用、ホテル・レストラン・レジャー施設の優待割引、コンシェルジュサービス、ヘルプデスク、ボーナスマイル・ポイントなど多岐に渡ります。


年会費無料のクレジットカードは、このような優待特典が無いものが多いようです。

優待特典が付帯しているものもありますが、やはり年会費有料カードに比べると見劣りするため、物足りなさを感じるかもしれません。


年会費無料カードの注意点

年会費無料カード 注意点

メリットの多い年会費無料カードですが、事前に理解しておくべき注意点もいくつか存在します。

問題に事態に直面した時に、知らなかったということのないように、あらかじめ注意点についても把握しておきましょう。


年会費無料から有料になる場合も

はじめは、年会費無料を掲げておきながら、いつの間にか年会費が有料になっているケースもあります。

これは、カード会社の経営不振などが原因で引き起こされるものです。

カード会社がクレジットカード事業が不採算だと判断した場合は、利用規約を改定し、年会費を有料に切り替えることもあります。


ただし、途中で有料になるは非常に稀なケースです。


年会費を有料化する場合は、メールや封書等で連絡が届くので確認のし忘れがないように注意しましょう。


発行時に手数料がかかるケース

年会費自体は無料でも、発行時に手数料がかかる場合があります。


このケースで多いのが、ETCカードです。

ETCカードの年会費は無料でも、別途発行手数料が必要になるものも多いのが実情です。


ETCカードは、クレジットカードを作った後に追加発行するのが一般的です。

発行手数料がかかるものとしては、1,000円(税別)の場合が多いようです。


年会費は無料でも、手数料がかかるというのは意外な落とし穴です。

手数料については、予め入会時に見落とさないように注意して下さい。


解約時に手数料がかかるケース

年会費自体は無料でも、解約時に手数料がかかる場合もあります。

年会費無料と思ってたのに、実はお金がかかるというのは、騙された感じがしてあまり気分のよいものではありません。


ただし、このケースは決して多くはなく「JCB CARD EXTAGE」など、ごく一部です。

「JCB CARD EXTAGE」は、5年未満での解約については、解約手数料が必要になります。


基本的に、ほとんどのクレジットカードは、解約手数料がかかることはないので心配する必要はあまりないかもしれません。


まとめ

最近では、クレジットカードに年会費を払うのは、不要だと考える人も少なくありません。

事実、年会費不要のクレジットカードを求める人の割合は、着実に増えています。


今や年会費無料は、クレジットカードを選ぶ上での、一番の条件だと言っても言い過ぎではありません。

このようなユーザーの動向を反映して、カード会社もサービス内容を充実させています。


おトクにクレジットカードを使いたい方は、年会費無料カードを作っておくのも悪くない選択だと言えるでしょう。

入会キャンペーンと入会特典は、初回だけなので必ずもらっておくようにしましょう。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


NWbgJ[hOr