Loading...
クレジットカードの役立つ情報

家族カードを作る前に知っておきたいこと

家族カード を作る前に知っておきたいこと

家族カードとは

家族カード とは、本会員と同じサービスを利用することが出来るクレジットカードです。ファミリーカードと呼ばれる場合もあります。

本会員に安定した収入があれば、その家族も同じ機能を有したカードを持つことが出来ます。

現在、発行されている多くのクレジットカードが家族カードに対応しています。


このページでは、家族カードに関する疑問を解決するために、知っておきたい情報を紹介しています。



家族カードの特徴

家族カードの特徴

本会員がクレジットカードを所有していれば、その家族にも同じ付帯特典(付帯保険サービスなど)が付いたカードを「家族カード」として持つことが出来ます。

本会員が審査に通っていれば、基本的にはその家族は無審査で家族カードを持つことが可能です。

ただし、カード会社によっては審査があることもあります。


家族カードの対象

家族カードの対象は、カード会社によって異なりますが、一般的には本会員と生計が同一の配偶者、親、満18歳以上の子(高校生を除く)とされています。

つまり、高校生を除く18歳以上の家族であれば、家族カードを持つことが出来ます。


家族カードのポイント

もちろん、家族カードでもポイントは貯まります。

基本的に、付与されるポイントは本会員と同じ還元率で設定されています。


しかし、家族カードのポイントは、それぞれのカードに付与されるわけではなく、本会員のカードにまとめて付与されます。

そのため、貯まったポイントを利用することが出来る人は、基本的には本会員の方に限られます。


ただし、楽天カードなどの一部のカードは、家族間のポイント移行が可能です。

楽天スーパーポイントの場合、50ポイント以上、1ポイント単位で移行可能です。移行をする際の手数料はかかりません。

本会員がポイント以降手続きを行った日(申請日)から、3日以内にポイントは移行します。


※楽天カードでは、移行ポイントには上限が設定されており、月間10,000ポイントまでが移行可能です。


【公式サイト】「楽天カードでポイント生活はじめよう!」


家族カードの保険

家族カードには、基本的に本会員と同様の保険(海外旅行保険、国内旅行保険、盗難・紛失補償、インターネット不正補償など)が付帯しています。

そのため、万が一のトラブルに見舞われた場合でも、手厚い補償を受けることが出来ます。


家族カードの発行可能枚数

「家族カードは何枚まで発行してもらえるの?」という疑問は、意外に多いのではないでしょうか?

しかし、発行上限は、カード会社やカードの種類によって様々なため、はっきり○枚であると断言することは出来ません。


家族カードの発行可能な枚数としては、3枚(3人分)までのケースが多いようです。

ちなみに、1枚までは無料、2枚目以降は○○円などのように、同じ家族カードであっても発行枚数によって年会費が異なる場合が一般的です。


家族カードの発行枚数は、多ければ多いほど、本会員カードの利用限度額に達するペースが早まります。

そのため、多くのカード会社は、発行枚数に応じて年会費の設定を変えています。

その辺りを理解した上で、家族カードを申し込む場合は、あらかじめ発行枚数を制限しておいた方が不測の事態を避けることが出来ます。


ただし、カード会社によっては、現在の本会員のカード利用状況等を判断し、家族カードの発行を見合わせる場合もあります。


家族カードの支払い

家族カードの支払いは、本会員の方の口座から自動で引き落とされます。

つまり、支払いは家族名義の口座ではなく、本会員名義の口座に一本化されます。


ただし、カード会社によっては、引き落とし口座を別々に分けることができます。三井住友VISAカードの「パーソナルアカウントタイプ」サービスなど。


【公式サイト】三井住友VISAカードなら「最短3営業日発行!」


本人・家族のどちらのカード利用なのか知りたい場合は、利用明細に記載されている「利用区分」から確認することが出来ます。

「利用者」の項目に本人と書いてある場合は本会員家族と書いてある場合は家族会員のカード利用ということです。


家族カードの入会方法

家族カードの入会方法としては、所有しているクレジットカードを発行しているカード会社のWEBサイトから行うことが出来ます。

申し込む際は、「インターネット」または「郵送」のうち、いずれかを選択することになります。


基本的に、1回の申し込みで、発行される家族カードの枚数は1枚のみです。

家族カードを複数枚希望する場合は、再度申し込みを行う必要があります。


家族カードのメリット

家族カードのメリット

家族カードのメリットには、以下のようなものがあります。


  • 発行されやすい
  • 同じ付帯サービスが付く
  • 利用実態を把握しやすい
  • 家計の管理がしやすい
  • ポイント(マイル)が貯まりやすい

発行されやすい

家族カードは、新規でクレジットカードを申し込むよりも発行されやすいというメリットがあります。

発行対象は、本会員と生計が同一の家族であるため、本会員の収入が安定してさえいれば発行されやすいと言えます。


基本的には審査が行われない、もしくは簡易的な審査なので申し込めば発行されるケースが一般的です。


同じ付帯サービスが付く

基本的に、家族カードの付帯サービスは、本会員のものと同じです。

家族カードを持つ家族全員が、本会員と同等の付帯サービスを利用出来るのは大きなメリットだと言えます。


利用実態を把握しやすい

家族の利用状況は、利用明細(WEB明細)で確認することができるので、カード本会員は、家族の利用実態をすべて把握することが出来ます。

「誰が、いくら利用したか」忘れた場合でも、利用明細を見ればすぐに確認することが可能です。


家計の管理がしやすい

利用明細サービスを利用すれば、家族全員の利用実態を把握できるので、家計の管理がしやすくなります。

一枚の利用明細、もしくは管理画面で全ての取引記録を確認できるのは非常に便利です。


利用明細の管理画面では、本会員はログインアイパスを入力して、全ての取引履歴を見ることが出来ますが

対して、家族会員は自分の取引履歴しか見ることができないという制限が設けられています。


ポイント(マイル)が貯まりやすい

家族会員のカード利用でもポイント(マイル)が付与されるので、効率よくポイントを貯めることが出来ます。

家族会因果獲得したポイントは、全て本会員のカードに付与されます。


家族カードのデメリット

家族カードのデメリット

家族カードのデメリットには、以下のようなものがあります。


  • 本会員に購入履歴を把握される
  • 利用限度額に達しやすくなる

本会員に購入履歴を把握される

家族カードの利用履歴は、全て本会員が確認することが出来ます。

そのため、家族カードを利用する家族の方にとっては、購入履歴などを全て把握されることになります。


カード本会員にとってはメリットであっても、家族カードを利用する家族側にとってみればデメリットと言えるかもしれません。


利用限度額に達しやすくなる

家族カードの限度額は、本会員のクレジットカード利用限度額の範囲内です。

そのため、家族カードを利用して高額の商品を購入していた場合は、毎月の利用限度額に達しやすくなります。


本人がカードの利用をどれだけ制限していても、既に家族がカードで高額利用をしていた場合は、いざ使おうと思ってもカードで決済できないという事態に見舞われることもあります。


まとめ

家族カードは、専業主婦や学生など収入が少ない方の利用を想定したクレジットカードです。

専業主婦や学生の方がクレジットカードを申し込んでも、年収の面でネックとなり、審査に落ちる場合があります。

しかし、家族カードであれば、本会員の年収やカード実績で判断されるので、簡単に発行される場合が多いようです。


付帯保険やポイント還元率も本会員のカードと同等なので、安心して利用することが出来ます。


ただし、家族カードの枚数が増えても利用限度額が上がるわけではありません。

家族のカード利用状況によっては、すぐに利用限度額に達してしまうこともあります。

そのため、カード利用については、あらかじめ家族間で十分にコンセンサスを取っておく必要があると言えるでしょう。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


AJGLXvX W

JCBJ[h W

creditcard