Loading...
クレジットカードの付帯保険

クレジットカード 付帯保険の種類一覧まとめ

クレジットカード 付帯保険の種類一覧まとめ

クレジットカード 付帯保険の種類

クレジットカードを選ぶ上で、付帯保険は還元率と並んで注目すべき点の一つです。


このページでは、クレジットカードに付帯される保険・補償をまとめています。

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険などの代表的なものから、一部のカードにのみ付帯している少し変わった保険まで様々な付帯保険を紹介しています。



付帯保険とは

クレジットカードの付帯保険とは、特別に保険料を支払わなくても補償が受けられる保険です。

多くの付帯保険は、保有しているだけで自動的に保険が適用される自動付帯が一般的ですが、旅行保険の中には保険適用に細かい条件がある利用付帯と呼ばれるものがあります。

海外旅行傷害保険における利用付帯としては、旅行時の公共交通機関の料金や、旅行代金などをクレジットカードで決済することで適用される場合が一般的です。


自動付帯クレジットカードを所有しているだけで保険に加入した状態になる。
利用付帯カード会社が定める条件を達成することで保険が適用される。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険は、海外での万一の事故によるケガや病気、携行品の盗難や破損などの損害を補償してくれる保険です。

クレジットカード付帯保険の代名詞的な保険だと言えます。


万一、海外でトラブルに遭った場合でも手厚い保証を受けることが出来るため、海外旅行に行く際は、この保険が付いたクレジットカードを持っておくと何かと安心です。

年会費無料のクレジットカードでも、海外旅行傷害保険が付帯したものがあるためお得に利用することが出来ます。


海外旅行傷害保険の担保項目は下表の通りです。


傷害死亡・後遺障害旅行期間中の事故によるケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合に支払われます。
傷害治療費用海外旅行中にケガをした場合、そのケガの治療にかかった費用が支払われます。
疾病治療費用海外旅行中に病気になった場合、その病気の治療にかかった費用が支払われます。
賠償責任ホテルの設備を壊してしまった時などの法律上の賠償責任を負った場合、その賠償額を補償してくれます。
携行品損害カメラなどの携行品の破損・盗難に遭った場合、その損害額を補償してくれます。
救援者費用救援を必要とする現場に向かう際の交通費や宿泊費、現地からの移送費用などを補償してくれます。

※補償限度額や補償期間などは、クレジットカードやカード会社によって異なります。


傷害死亡・後遺障害の保険金額は合算されず、最高保険金額が限度となり、各カードに付帯する保険金額に応じて按分されます。

それ以外の保険金額は合算され、各カードに付帯する保険金額に応じて按分されます。ただし、支払い保険金は損害額が上限となります。


海外旅行保険は、自動付帯のものが一般的ですが、中には自動付帯のものもあります。

いざ利用しようと思っても適用されないケースがあるため、旅行をする際はあらかじめ付帯条件を確認しておきましょう。


国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険は、国内での旅行や出張に安心の保険サービスです。

国内旅行の最中にケガをしたり、病気にかかった場合の補償をしてくれるので、旅行好きの方には心強い保険だと言えます。


ただし、年会費無料のクレジットカードには付帯していないケースが多いため、国内旅行傷害保険の付帯カードを希望する場合は、年会費有料のカードかゴールドカード以上のものを選ぶのがおすすめです。


また、国内旅行傷害保険は、海外旅行傷害保険に比べて適用条件が厳しいケースが多いことも覚えておきましょう。



ショッピング保険(動産総合保険)

ショッピング保険(動産総合保険)

ショッピング保険動産総合保険ショッピング・プロテクション)とは、クレジットカードで購入した商品について一定期間(90日間、120日間など)以内の、盗難、破損、火災などの損害を補償してくれる保険です。事前に申し込む必要はなく、自動的に適用されるケースが一般的です。

ショッピング保険付帯のクレジットカードを利用して購入したものであれば、本人利用の商品はもちろん、他者にプレゼントした商品であっても補償の対象となります。


ショッピング保険を利用すれば、購入した商品が盗難や破損に遭った場合でも新品に交換する費用や修理代を補償してくれるため、非常に頼りになります。

しかし、保険の適用に際しては、いくつかの条件を満たす必要があります。


保険が適用外になる主なケースは以下の通りです。

  • 適用外の商品
  • 補償適用期間外に届出をした場合
  • クレジットカードの利用控えを保管していない場合
  • 配送中の商品破損
  • 水害や地震などの自然災害による破損
  • 本人に重大な過失がある場合

また、ショッピング保険の利用に際しては、自己負担金(一般カードは3,000円程度)が必要になることも理解しておきましょう。

自己負担金の金額は、カード会社やカードのランクによって変わります。



紛失・盗難保障

紛失・盗難保障

紛失・盗難保障を利用すれば、クレジットカードを紛失した場合や盗難被害に遭った場合でも安心です。

万一、第三者にクレジットカードを不正使用されても、届け日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を補償してくれます。

紛失・盗難保障は、ほぼ全てのクレジットカードに自動付帯されているため、特別な申し込みなどをする必要はありません。


クレジットカードの紛失・盗難に気づいた場合は、カード会社に連絡をして利用停止とカードの再発行を依頼して下さい。


ただし、保証を受ける上で注意する必要があるポイントがいくつかあります。


保険が適用外になる主なケースは以下の通りです。

  • 補償適用期間外に届出をした場合
  • 警察に届出をしていない場合
  • 本人に重大な過失がある場合

現金は、落とした場合や盗まれた場合、何の補償もありません。

しかし、クレジットカードには、紛失・盗難保障が備わっているためため、現金よりも信頼性に優れます。

そのため、クレジットカードを利用する上での大きなメリットの一つだと言えます。



インターネット不正補償

インターネット不正補償

インターネット不正補償オンライン不正補償)は、なりすましなどのネット上での不正利用に関する被害を補償してくれます。

近年、ネットショッピングの利用者数は増加傾向にあることから、その重要性は高まっています。

しかし、今のところインターネット不正補償が付帯したカードの種類は少ないため、今後の普及に期待したいところです。



その他の保険

その他の保険

クレジットカード付帯保険の中には、一風変わったものも存在します。月額数百円程度の保険料を支払うことで、付けることが出来るのが一般的です。

ここでは、その一部を紹介していきます。


スポーツ保険

スポーツ保険は、ゴルフやテニス、スキー、スノーボードなど特定のスポーツ中のケガによる入院・通院や死亡、賠償責任などを補償してくれる保険です。スポーツ全般を補償するものもあります。

スポーツにはケガが付き物なので、クレジットカードに付帯されているとかなり心強いと言えるでしょう。


ゴルフ保険(ゴルファー保険)

ゴルフ保険(ゴルファー保険)は、スポーツ保険の一種で、ゴルフに特化している点が特徴です。

プレイ中に生じた自分自身のケガや他人への傷害事故、クラブ破損などのアクシデントが補償対象です。

ゴルフクラブなどの携行品は再調達価額(同一の構造、質、用途、規模、型、能力のものを再取得するのに必要な額)で補償されます。

ホールインワン・アルバトロス費用も補償してくれます。


自転車保険保険

自転車保険保険は、交通事故によるケガや賠償責任の補償だけでなく、事故で加害者になってしまった場合の示談交渉の代行、交渉した自転車のロードサービスなどが付いたサイクリスト向けの保険です。

最近では、ロードバイクやクロスバイクの普及により、アクシデントやトラブルが急増しています。

自治体によっては、自転車保険の義務化を進めているところもあるため、自転車に乗る機会が多い方は、検討してみてはいかがでしょうか。


登山保険

登山保険は、山登りやハイキング中のアクシデントをサポートしてくれる保険です。

万一、遭難してしまった場合の救援者費用を補償してくれます。

専門の登山用具を使用した本格的な登山の場合は、登山保険ではなく、旅行傷害保険が適用される場合があります。


シートベルト保険

シートベルト保険(シートベルト傷害保険)とは、シートベルトを着用していれば自動的に適用される傷害保険です。

万が一の事故で死亡、または重度後遺障害を負った場合に保険金が支払われます。


ただし、事故によって生じたケガによる入院費や通院のための交通費、治療費といった医療費用については、シートベルト保険の対象外となります。


クレジットセイバー保険

クレジットセイバー保険とは、クレジットカード会員(被保険者)が不慮の事故等で亡くなった場合や重度の障害を負ったことで支払いが困難担った場合に、それまでに利用したキャッシング・ショッピング残高の支払いを免除してもらえる保険です。

ただし、現在では、クレジットセイバー保険は廃止されています。


航空傷害保険

航空傷害保険とは、クレジットカード会員(被保険者)が乗客として航空機に搭乗中の事故により、死亡または傷害を被ったことによる損害を補償してくれる保険です。主に航空系カードに付帯されています。

旅行傷害保険は、旅行中のケガや病気を補償してくれますが、航空傷害保険は、航空機に乗客として搭乗中のケガ・死亡に限られます。そのため、降機後の補償は対象外となります。


犯罪被害傷害保険

犯罪被害傷害保険とは、クレジットカード会員(被保険者)が予期せぬ第三者行為による加害行為(通り魔など)によって被った傷害に関する費用を補償してくれる保険です。

海外旅行で治安の悪い国や地域に赴く際には頼りになる保険です。


まとめ

クレジットカードの付帯保険を見る場合は、基本的に海外旅行傷害保険とショッピング保険の2つに注目するのが一般的です。

また、自分のライフスタイルを考慮した上で、必要なものを選ぶことも重要になります。


カード付帯保険は、探せば他にも珍しいものが沢山あるため、それを見つけるのもカード選びの醍醐味の一つと言えるかもしれません。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


NWbgJ[hOr