Loading...
クレジットカードの基礎知識

機能面で見るクレジットカードの種類

機能面 で見るクレジットカードの種類

クレジットカードの種類

クレジットカードの種類は、大きく「系列」と「機能」に分けて考えることが出来ます。

クレジットカードの系列とは、銀行系や信販系、流通系などといったクレジットカードを発行するカード会社でカテゴライズしたものです。



一方、クレジットカードを機能面で見た場合、その利用範囲等で分けることが出来ます。

具体的には、「単一目的カード」と「汎用ハウスカード」に分類されます。


また、「提携カード」「プロパーカード」などのカード発行形態や、「ショッピングカード」「T&Eカード」などのような利用目的によっても、その種類は分かれています。


このページでは、機能面で見た場合のクレジットカードの種類を紹介しています。



クレジットカードの種類(機能編)

単一目的カードとは

単一目的カード(モノパーパスカード)とは、使用目的が1つに限られたクレジットカードのことを言います。

カードを発行する企業、もしくはそのグループ内でのみ通用するクレジットカードであり、百貨店やスーパーマーケット、石油チェーンなどが発行しているハウスカードがこれに当てはまります。


ハウスカードとは

ハウスカードとは、発行する企業・グループなどが経営する店舗やチェーンストアでしか利用できないクレジットカードのことを指します。

ハウスカードは、百貨店やスーパーなどが、顧客の囲い込みや取引拡大を目的として発行しています。

しかし、現在では利便性の低さなどにより、ハウスカードを発行する企業は減っています。


代表的なハウスカードについては次の通りです。

  • コスモ・ザ・カード(ハウス) … セディナ / コスモ石油
  • 日産カード(ハウスカード) … 日産フィナンシャルサービス
  • 紀ノ国屋メンバーズカード … 紀ノ國屋
  • JR東海「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カード … セディナ / 東海旅客鉄道
  • 井筒屋ウィズカード … 井筒屋ウィズカード
  • Mカード … 三菱電機クレジット
  • パナカード … 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス
  • 東芝Fカード … イオンプロダクトファイナンス
  • CPコスメティクスカード … 住信SBIネット銀カード
  • PiTaPaベーシックカード … スルッとKANSAI

※現在では、発行されていないカードもあります。


汎用ハウスカードとは

かつてハウスカードは、VISAやMaster Card、JCBなどの国際ブランドと提携せずに発行する自社の加盟店でのみ利用することが出来るというものでしたが、現在では国際ブランドと提携したクレジットカードに切り替えるケースが増えています。

この流れは、特定の店舗のみに利用を限定した場合、カードの利用金額も限定されるというハウスカードの問題点を是正する目的が背景にあるようです。


このような、国際ブランドと提携したクレジットカードのことを汎用ハウスカードと言います。


汎用ハウスカードは、加盟店の範囲や種類が特定の対象に限定されていないため、その名称の通り汎用性が高いのが特徴です。

ほとんどがVISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドを付帯したカードのため、国内外で様々な場所でも利用することが可能です。いわゆる多目的カードのこと。


汎用ハウスカードが普及してきた背景には、国際ブランド間での提携が盛んに行われるようになったことや、それに伴い加盟店が拡大したことが挙げられます。

また、店舗がクレジットカード端末(CAT端末)などの設備を導入していることも要因の一つとしてあるようです。


このように、現在では、従来型の純粋なハウスカードは減少傾向にあり、汎用ハウスカードに移行しているのが実情です。


クレジットカードを機能面で見た場合に、理解しておいた方がよいと思われるクレジットカードの種類をピックアップして紹介していきます。


アフィニティカード

アフィニティカード(affinity card)とは、提携カードの一形態です。affinityとは、親和性、 親近感、親しみ、などを意味します。

特に、大学、愛好会、職業団体などの「非営利団体」や「営利目的の活動を行っていない組織」と提携しているクレジットカードのことを言います。

広義では、ショッピングの利用額の一部を寄付する仕組みを取り入れた社会貢献型カードもアフィニティカードに含まれます。


一般カード

一般カードとは、各カード会社が発行する最もベーシックなクレジットカードのことを言います。

「スタンダードカード」や「クラシックカード」、「ホワイトカード」などと呼ばれることもあります。


独自サービスを提供する提携カードに対する用語で、「標準的なカード(通常カード)」を意味します。


学生カード

学生カードとは、学生専用のクレジットカードのことを言います。スチューデントカード(Student Card)という呼び方もあります。

一般カードよりも、審査基準やカードスペックが優遇されているのが特徴です。


家族カード

家族カードとは、クレジットカード会員が家族のために発行できるクレジットカードのことを言います。追加で発行を申し込むことで入手することが出来ます。

審査なし、もしくは審査が緩いのが特徴です。本会員と同じように利用することが出来ます。

専業主婦や学生などのように収入が無い方や、少ない方でもクレジットカードを持つことを可能にしています。


国際カード

国際カードとは、国際ブランドが発行する、もしくは提携するカード会社が発行する全世界で使うことが出来るクレジットカードです。

国際ブランドには、VISA、MasterCard、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブなどがあります。



コーポレートカード(法人カード)

コーポレートカード(Corporate Card)とは、「会社全体」「部事業所別」「個人別」などの代金決済方法を選ぶことが出来る企業向けのクレジットカードのことを言います。

コーポレートカードには、大企業向けカードと中小企業・個人事業主カードの2種類があります。


また、「法人カード」、「ビジネスカード」等の呼称が使用されることもあります。

コーポレートカード、法人カード、ビジネスカードの違いは、カード会社によって異なります。


社会貢献型カード

社会貢献型カードとは、社会貢献活動を行っている団体・組織を応援することを目的としたクレジットカードです。

クレジットカードの利用に応じて、利用金額の一部が自動的に各団体に寄付される機能を持ちます。

この寄付は、社会貢献活動の資金として役立てられます。


ショッピングカード

ショッピングカードとは、日常的な買い物に利用されることを目的として発行されるクレジットカードのことを言います。

主な発行会社としては、百貨店やスーパー、コンビニ、通販サイトなどがあります。

商品の購入に応じて、ポイントや割引特典が付帯されるケースが多く見られます。

基本的に、VISAやMasterCardの国際ブランドのマークが付いたカードがショッピングカードです。


ショッピングカードの対となるものとしては、T&Eカードがあります。


スイッチカード

スイッチカードとは、業態の異なる2つのカード会社が提携したことで、両社が発行しているカードの機能を1枚に合体させたクレジットカードのことを言います。提携カードの一形態とみなされています。

カード会員は、1枚のカードで両社に会員登録されることになります。

そのため、両社の加盟店でカードを利用することができ、かつ両社の独自サービスの両方を受けることも可能です。


ただし、入会時に両社の審査を受ける必要があります。また、利用限度額も両社別々に設定されているため、少々複雑です。

また、利用代金の請求についても両社から別々に行われます。さらに引落日も異なる場合もあるため、慣れるまでは混乱することもあるかもしれません。


代行カード

代行カードとは、企業がクレジットカード発行会社(信販会社)に審査から与信、発行、管理に至る、全てのクレジット業務を委託して発行しているカードのことを言います。提携カードの一形態に分類されます。

しかし、使える加盟店が少ないことから、会員にとっては利便性に欠けるという声もあり、最近ではダブルカードに移行しています。


ダブルカード

ダブルカードとは、カード会社と流通系企業などが提携して発行するクレジットカードです。

「コ・ブランドカード」とも呼ばれ、提携カードの一形態に分類されます。

提携先のマーケティング戦略の一環として発行されており、カード会社と提携先企業の双方が、充実したサービスや特典を提供している点が特徴です。

カード利用者にとっては、ダブルのメリットがあるため、ダブルカードと呼ばれています。


チャージカード

チャージカードとは、当月の利用分を翌月もしくは翌々月に一括で支払う形式のクレジットカードのことを言います。いわゆるマンスリークリア式のカードです。

代表的なチャージカードには、「American Express」や「Diners Club」が発行するクレジットカードが該当します。


ちなみに、米国では「VISA」や「Master Card」が提供する分割払いやリボ払いに対応するカードのことをクレジットカードと呼びます。マンスリークリア式のカードは、チャージカードと呼ばれ区別されています。


提携カード

提携カードとは、クレジットカード会社が、企業その他の団体と提携して発行するクレジットカードのことを言います。通常、提携カードと言った場合は、ダブルカードの事を指します。

企業と提携したカード会社が発行等のクレジット業務を行っています。


現在、発行されているクレジットカードの大半がこの提携カードだと言われています。提携先は、銀行系や交通系、メーカー系、石油系など様々です。

提携カードのメリットとしては、カード発行会社と提携先企業の両方のサービスが受けられるという点です。


クレジットカード業界の2大国際ブランドとして知られる「VISA」と「MasterCard」の2社は、自社でカードの発行を行わず、主に提携先企業にブランドライセンスの提供業務を行っています。


提携カードと対になるカードとしてはプロパーカードがあります。


プロパーカード

プロパーカード(proper card)とは、クレジットカード発行会社が他の企業・団体と提携せずに独自に発行しているクレジットカードのことを言います。

プロパーカードは、ステータス性の高いカードを手に入れやすいというメリットがある点が特徴です。

プロパーカードを利用していると、ゴールドカードやプラチナカードなどのランクの高いクレジットカードへのインビテーション(招待)が送られてくることがあります。

国際ブランドが発行するプロパーカードとしては、「AMERICAN EXPRESS」「Diners Club」「JCB」の3社が発行しています。


代表的なプロパーカードについては次の通りです。

  • アメリカン・エキスプレス・カード … AMERICAN EXPRESS
  • ダイナースクラブカード … Diners Club
  • JCB一般カード … JCB
  • JCB CARD EXTAGE … JCB

ETCカード

ETCカードとは、有料道路通行料金の支払専用ICカードで、車載器に挿入することで、料金所をスムーズに通過することが出来ます。

車載器とETCカードはそれぞれ別物であるため、車載器が装着された車両であれば、自分のカードで通行料金を支払うことが可能です。

ETCカードは、家族カードと同様に、追加で発行を申し込むことになります。


T&Eカード

T&Eカード(travel & entertainment card)とは、航空会社・旅行・ホテル・レストラン・劇場・ゴルフ場などの旅行・エンターテイメント分野に多くの加盟店を持つクレジットカードのことをいいます。

T&Eカードの特徴としては、旅行に関する保険やサービスが充実している点や、レストランの手配や公演会のチケット、ゴルフ場の手配等のサービスが充実している点が挙げられます。


運送業者として誕生した経緯のある「AMERICAN EXPRESS」や、レストランでの出来事をきっかけに誕生した「Diners Club」、アジア圏の旅行に強い「JCB」が発行するカードが、いわゆるT&Eカードです。


T&Eカードは、ショッピングカードと対となるクレジットカードです。


まとめ

クレジットカードを作る際は、自分のライフスタイルや利用目的に合わせて選ぶことが重要です。

また、その作ろうと考えているカードが、どのような発行形態なのか、どのような機能を持っているのかなど、よく理解した上で申し込むことも合わせておすすめします。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA