Loading...
クレジットカードの作り方

クレジットカードの解約時に注意するべきこと

クレジットカード 解約

クレジットカードの解約

このページでは、クレジットカードを解約する際の注意すべき点をまとめています。

クレジットカードの解約というと、一見して難しそうなイメージがあるかもしれませんが、解約手続きは、電話1本で誰でも簡単手軽に行うことが出来ます。


ただし、事前に理解しておいた方がいいポイントがいくつかあるため、きちんと理解しておきましょう。



使用していないクレジットカードがある場合は解約しておきましょう

クレジットカード 解約

現在、複数枚クレジットカードを所持していて、使用していないクレジットカードがあるという場合は、解約手続きを行っておくことをおすすめします。

もちろん、現在使用していなくても、いずれ使用する可能性がある場合は、破棄する必要はありません。


クレジットカードを何枚も持っているとこのようなデメリットがあります。


年会費が発生する

年会費がかかるクレジットカードを所持している場合は、当然、毎年「年会費」を取られることになるため、カードを使用しないのであれば解約しておく方がよいでしょう。


年会費が無料のクレジットカードについては、「持っておいても問題ないのでは?」と考える人は多いと思います。

しかし、使用しないカードが複数ある場合、年会費無料のカードでも、解約しておいた方がいいかもしれません。


その理由は、以下に説明していきます。


悪用される危険性が高くなる

財布等に複数のクレジットカードを入れて持ち歩いていると、紛失した際に悪用されるリスクが高まります。

それだけ、カード会社に紛失した旨の連絡を行う手間もかかることになります。


このように、出来るだけ、普段使用するカードのみを持ち運ぶ、もしくは所持するようにしましょう。


管理が難しくなる

クレジットカードを複数枚持つことで、管理が面倒になるというデメリットがあります。

古いカードを解約せずに、次々に新しいカードを作っていると、カードが増える一方です。


クレジットカードを作りすぎると、カード1枚1枚の付帯サービスや特性を忘れたりすることがあります。

また、カードの情報・特性を勘違いすると、様々な不利益が生じる可能性があります。


利便性を求めてクレジットカードを作ったのにもかかわらず、管理が煩雑になってしまうと、本末転倒ということになりかねません。


クレジットカードを新しく作る際の審査時に不利

複数のクレジットカードを契約していると、新規でカードを作る際の審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

これには、与信枠というものが関係してきます。


与信枠とは

与信枠とは、クレジット会社から与えられる信用の枠のことを言います。

つまり、カード契約者に与えられる「利用限度額」の事を意味します。

与信枠が大きい人は、それだけカード会社に信用されているという事になります。


総与信枠とは

総与信枠とは、契約者個人に与えられるクレジットカードの「利用限度額」の合計です。

注意すべき点としては、1枚のクレジットカードに対する限度額ではなく、所有しているクレジットカード全体の合計額を指すということです。


そのため、所持しているクレジットカードの合計枚数が増えたり、現在持っているクレジットカードの利用限度額が増えることで、総与信枠は大きくなります。


新規でクレジットカードを申し込む際には、この与信枠の関係で不利になることがあります。

なぜ、不利になる場合があるかというと、新しくクレジットカードを発行することで、その都度、与信枠が減っていくからです。


この説明では、先ほどの「所持しているクレジットカードの合計枚数が増えたり、現在持っているクレジットカードの利用限度額が増えることで、総与信枠は大きくなります。」という説明に矛盾すると思う方もいるのではないでしょうか?


確かに、これでは整合性が取れないので、補足をする必要があります。


当然、クレジットカードを複数枚所持していれば、総与信枠は大きくなります。

しかし、与信枠は無限ではありません。与信枠には、一人ひとり上限があります。


カード会社にとって総与信枠は、契約者に対して与えてもよいと考えている限度額の合計です。

そのため、個人の総与信枠が大きくなり過ぎ、上限を超えるような場合は、カード会社は新たにカードを発行することは出来ないと判断します。


この与信枠は、特に収入面が大きく関係するため、年収があまり多くないという人は、所有するクレジットカードの枚数を減らしておく方がいいかもしれません。


このように、使わないクレジットカードを持っていてもメリットがないどころか、デメリットの方が大きくなります。

いらないカードを持っている場合は、解約しておくことをオススメします。


解約時に注意するポイント

クレジットカード 解約

クレジットカードを解約しようと思った場合の注意しておくポイントを把握しておきましょう。


貯まっていたポイントが無くなる

クレジットカードを解約すると、当然、今まで貯めていたポイントは全て失効するので、使用できなくなります。

解約予定のクレジットカードにポイントが貯まっている場合は、解約前に希望の景品ポイント移行サービスを利用して他社ポイントに交換しておきましょう。


カード会社によっては、解約前にポイント交換の手続きをしていた場合でも、解約と同時に申請自体が無効となる場合があります。

そのため、交換した景品が手元に届いたことを確認した上で、解約手続きを行うようにしましょう。


今まで貯めた多くのポイントを無駄にするのはも非常にもったいないことです。

ポイントは、カードを解約する前に有効に活用しておくことをおすすめします。


新カードを入手した後にメインカードを解約

以前にメインカードとして使用していたような、使用頻度が高いクレジットカードを解約する場合は、解約のタイミングに注意しましょう。

メインカードを解約すると、クレジットカードの返済履歴(クレジットヒストリー・クレヒス)が消える場合があります。

この場合、新たにカードを発行するカード会社がカード発行時に参照する個人信用情報に、返済履歴がないことを理由に審査が不利になることがあります。


メインカードを解約する場合は、新しいクレジットカードが届いた後で、解約するようにしましょう。


支払方法の変更を確認しておきましょう

解約予定のクレジットカードで、公共料金(電気、ガス、水道など)や、携帯電話料金、プロバイダ料金、家賃、住宅ローン等の支払いをしている場合は、事前に別のカードに変更しておきましょう。

クレジットカードを解約したという情報は、支払契約を結んでいる企業には通知されません。


そのため、支払方法の変更手続きをせずにクレジットカードを解約した場合は、公共料金や携帯電話料金の支払を延滞してしまいます。

解約前に、スムーズな移行を心がけるようにしましょう。


海外旅行に行く際に使用できるカードを確認

海外旅行に行く場合、VISA、MasterCardのマークが付いたクレジットカードはマストアイテムです。

クレジットカードを持っていると、現金を持ち歩く必要がなく、ホテルのチェックイン時やレンタカーの利用時にデポジットがかからないなど、海外旅行時にとても便利です。

特に、VISAやMasterCardといった国際ブランドが付いたカードを一枚持っておくと安心です。


海外旅行に行く機会がある方で、解約により手持ちのクレジットカードに、VISA、もしくはMasterCardがなくなる場合は、解約を再検討するか、VISAやMasterCardが付いたカードを新たに取得するようにしましょう。


一括で支払いを求められる場合がある

支払い方法をリボ払いや分割払いに設定していた場合、解約時に残額があると、一括で支払いを求められことがあります。

一括で支払うことが難しい場合は、返せる目処が立つまで解約は待った方がいいかもしれません。


年会費が発生していないか

解約する予定のクレジットカードの年会費をすでに支払っている場合、その年会費は戻らない場合が多いということを理解しておきましょう。

そのため、年会費が発生した分の元を取るために、解約を先延ばしし、カードを活用してみるのもいいかもしれません。


年会費を既に支払っている場合は、年会費を無駄にしないためにも、年会費請求月の2、3ヵ月前に解約することをおすすめします。くれぐれも、年会費請求月を忘れてしまわないように十分注意しましょう。


解約のデメリット

クレジットカードを解約すると、信用情報に悪影響を及ぼし、最悪ブラックリストになるという噂があるようですが、基本的にそのような事実はありません。

しかし、カードを解約した事実は、個人信用情報機関(CIC)に解約情報として一定期間記録されます。


一度目のカード解約から、短期間で二度目、三度目の解約したり、契約したカードをすぐに解約した場合、カード会社がネガティブな印象を持つことは想像に難くないはずです。


事実、AmericanExpressは、一度解約をした場合、再び入会するためには1年間以上の期間を空ける必要があります。


クレジットカードの解約は、信用情報に記載されるため、短期間に何度もカードを解約することは避けるようにしましょう。


クレジットカードの解約方法

クレジットカード 解約方法

クレジットカードの裏面にカード会社のカスタマーセンターの電話番号が記載されています。

記載されていない場合は、クレジットカードのWEBサイト上でカスタマーセンターの電話番号を確認して下さい。


ほとんどのカード会社では、自動音声ガイダンスを採用しています。

再生される音声に従って、手続きを進めてください。


「カードの解約は○番をプッシュして下さい。」という案内がある場合は、該当する番号を押しましょう。

稀に、上記のような内容がない場合があります。


その場合は、「その他のお問い合わせは○番をプッシュして下さい。」という案内に従って該当する番号を押してください。


暫く待つと、オペレーターに電話が繋がります。

この際、カード番号を聞かれる場合があるため、事前にクレジットカードを用意しておきましょう。

また、解約理由を聞かれることがありますが、「まったく使っていないので。」など、カードを持つ必要性がないことを伝えて下さい。


使用頻度が低くても、クレジットカードを使用している場合は、解約を先送りした方がいいケースもあります。

オペレーターにその辺りのことをよく確認しておくことをおすすめします。


注意すべき点としては、カード会社によっては、解約手数料がかかる場合があることです。

基本的には、手数料がかかることはありませんが、稀に手数料を請求されることがあります。

手数料について、よく納得した上で解約手続きを進めて下さい。


その他にも、聞いておきたいことがあれば、オペレーターに聞いておくようにしましょう。


カードはハサミで切って破棄しましょう

ハサミで切って破棄

クレジットカードの解約を申し出ると、カード会社から、そのカードの破棄を求められます。


クレジットカードを破棄する場合に、注意しておくポイントとしては、カードをカットする部分です。


必ずクレジットカードの前面にあるICチップと、背面にある磁気テープの2ヵ所に、ハサミを入れるようにしましょう。

カードによっては、ICチップが搭載されていないものもあります。


  • ICチップ … カード表面にある金色の部位
  • 磁気テープ … カード裏面の黒色もしくは茶色の帯のこと

クレジットカードのカットする部分に注意をして、ハサミを10回程度入れ、バラバラにしましょう。

ご家庭にシュレッダーがある場合は、シュレッダーにかけて破棄する方がベターです。


廃棄する場合

細かく切ったクレジットカードの廃棄方法は、お住まいの自治体によってそれぞれ異なります。

可燃ゴミとして出せる地域もあれば、細かく分別して出さなければいけない地域もあります。


細かく分別する必要がある場合は、ICチップの部分は「不燃物」として出しましょう。

カードのプラスチックの部分は、「プラスティックごみ」として出すようにしましょう。


返送する場合

カード会社によっては、ハサミを入れたカードの返送を求めるケースもあります。

カードの解約を行うと、カード会社から返信用封筒が届くので、その封筒にハサミを入れたカードを入れて送るようにしましょう。


まとめ

沢山カードを持っていると、与信枠の関係上、新しくカードを作る場合に不便になります。

また、年会費が無駄になったり、管理の手間がかかるなど、デメリットが多くなります。


クレジットカードの解約時に注意すべき点としては、「解約までにポイントを使い切ること」「新カードを手に入れた後でメインカードを解約すること」「事前に別のカードに支払いを変更しておくこと」「海外旅行に行くケースを想定してVISかMasterCardを残しておくこと」「年会費請求月の2、3ヵ月前に解約する」などが挙げられます。


また、解約したカードは、ハサミで切って正しく処分しましょう。


解約手続きは、ここで説明した抑えておくべきポイントを確認し、適切な方法で行えば大丈夫です。

持て余しているクレジットカードがある場合は、数を減らして使用するものだけに整理しておきましょう。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA