Loading...
クレジットカードの審査

クレジットヒストリー(クレヒス)とは

クレジットヒストリー(クレヒス)とは

クレジットヒストリー(クレヒス)

クレジットヒストリークレヒス とは、契約者のこれでまのカード利用履歴やローンなどの取引履歴のことを指します。

情報化社会である現代において、クレヒスや信用情報は大きな意味を持ちます。


良いヒストリー(使用履歴)を作ることは、クレジットカードを作る時はもちろん、日常生活の様々な場面で重要になるため、よく理解しておきましょう。


このページでは、クレヒスに関する知っておくと何かと役立つ情報を紹介していきます。



クレヒス とは

クレヒスは、クレジットカードやローンの取引履歴と説明しましたが、具体的には信用情報機関に登録される個人信用情報のことを指します。


信用情報機関とは

信用情報機関は、クレジット市場・クレジットライフをサポートするための機関として存在しています。


信用情報機関とは

信用情報機関とは、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。

消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。


参照元:jicc.co.jp


信用情報機関は、与信判断のための個人信用情報(本人の申込情報、クレジットカード、キャッシングの契約状況、借入・返済などの取引状況など)の提供を行っています。

信用情報機関には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の三機関があります。


信用情報機関概要
株式会社シー・アイ・シー(CIC)主にクレジットカード発行会社や信販会社が加盟する信用情報機関です。
日本信用情報機構(JICC)主に消費者金融会社が、共同で運営する信用情報機関です。
全国銀行個人信用情報センター(KSC)一般社団法人全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関です。銀行系クレジットカード会社が加盟しています。

※2009年(平成21年)に、三井住友カード・ジェーシービー(JCB)・クレディセゾン(セゾンUC)・三菱UFJニコスといった一部の大手カード会社は、KSCを脱退しています。


クレジットカード会社は、新規で申し込みがあった場合、信用情報機関に申込者の信用情報(クレヒス)を取り寄せて、申込者の支払能力を調査することで与信時の判断材料としています。

そのため、申込み時の属性や返済履歴に問題があった場合は、クレジットカードやローンなどの審査に通らないケースが一般的です。



CIC、JICC、KSCの三機関は、CRIN(Credit Information Network)というネットワークを通じて、信用情報の一部を交流しています。

また、CICとJICCの二機関は、貸金業法に基づきFINE(Financial Information Network)というネットワークを通じて、お互いに信用情報を交流しています。


信用情報の種類

信用情報の種類

信用情報には、以下のようなものがあります。


  • 個人を特定するための情報
  • 個人の属性情報
  • 加盟会社による当該信用情報の使用履歴
  • 本人申告情報
  • その他情報

個人を特定するための情報

個人を特定するための情報とは、氏名及び生年月日などの申込時の情報のことを言います。

該当する情報には、以下のようなものがあります。


  • 当該人物の自宅住所、自宅電話番号
  • 当該人物の勤務先名とその住所、電話番号
  • 運転免許証番号や運転経歴証明書番号又は身分証明書書類の記号・番号

※2012年4月1日以降に交付されたものに限ります。


個人の属性情報

個人の属性情報には、契約に係る情報延滞など金融事故に関わる情報の2つに分けられます。


契約に係る情報契約内容についての情報登録会社名、契約日、金額、形態、返済回数等
返済状況についての情報残高や該当月の支払・入金状況など(入金状況は任意項目です。順調に返済を続けていれば、延滞した事実がない限り、入金記録を一切掲載しないカード会社もあります。)
割賦情報年間支払見込額、割賦部分の支払状況(共にCICのみ)
金融情報加盟会社からキャッシング残高などの情報がほぼリアルタイムで送信・更新されます (CIC・JICC)
延滞など金融事故に関わる情報「事故情報」「異動情報」などと呼ばれるネガティブ情報のこと。

※CICでは、延滞や代位弁済、債務整理、手形等の不渡の発生等があった事実を異動情報と表記しています。


基本的にクレヒスと言った場合は、この個人の属性情報のことを指します。


延滞とは、61日若しくは3ヶ月以上に及ぶもののことを指します。

そのため、2、3日の支払い遅れなどの短期間の延滞情報については、登録されることはありません。


加盟会社による当該信用情報の使用履歴

加盟会社による当該信用情報の使用履歴とは、新規の申し込みがあった場合に、カード会社が信用情報機関に対して個人信用情報を取り寄せた履歴のことを指します。


  • 「申込情報」や「照会履歴」の項目に、加盟会社・金融機関名、日時、信用情報の使用目的などが一定期間登録される

新規の申込には既存の契約状況を確認することになるため必ず履歴が残ります。

また、成約後も必要に応じて「途上与信」として参照されることになります。

この情報は、三機関とも6ヵ月間に渡って登録されます。


本人申告情報

本人申告とは、カード会員本人からの申請に基づき、信用情報機関が保有する信用情報に申告情報を登録できる制度のことを言います。

カード会社は、申し込みを受けた場合は、必ず信用情報を参考に審査を行います。

カード会員本人からの申告情報を併せて記載しておくことで、審査時により適切な与信判断を行うことが可能となります。


申告事項運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を紛失した場合に、第三者の悪用を避けるために紛失した事実を登録できる。
本人に浪費癖がある事を理由に、与信自粛を申告することが出来る。など
情報の有効期間本人申告情報は、登録日より5年間有効。
申告方法CIC最寄りの窓口へ来所か郵送。
JICC窓口または都道府県の貸金業者協会などへ来所。

その他情報

信用情報には、事故発生等による取引の打ち切りなどの情報や、破産情報なども登録されます。


信用情報の保有期間

CICでは、信用情報を5年間に渡って保有しています。

ただし、このケースは契約終了した場合に限られます。


返済が完了しておらず、契約が継続している場合は、5年を超えた場合でも保有され続けると言われています。


信用情報の本人開示(情報開示)

信用情報は、クレジット会社やローン会社などの企業だけでなく、一般の個人でも開示請求をすることが出来ます。


本人開示で確認できる内容

情報内容登録期間
クレジット情報クレジットカードやローンの利用金額や残高など5年間
申込情報氏名、生年月日、電話番号など6ヶ月
利用記録途上与信におけるクレジットカード会社の調査履歴照会日より6ヶ月

CICでは、「インターネット開示」「郵送での開示」の2種類の方法で、信用情報を取り寄せることができます。

自分のクレヒスが不安な場合は、信用情報の開示請求を申し込んでみることをおすすめします。


クレヒスの作り方

クレヒスの作り方

クレヒスは、クレジットカードやローンなどの支払い・返済実績のことです。


そのため、クレジットカードで商品を購入したり、サービスを利用することでクレヒスを作ることが出来ます。

また、ローンを組んだり、スマホや携帯電話の割賦購入(分割購入)をして、支払い実績を重ねることで作ることも出来ます。


クレヒスを作る際のポイントとしては、高額利用もさることながら、安定して支払いが出来ていることが評価に繋がるということです。もちろん、利用金額が多いことも重要な評価対象です。

つまり、毎月の支払日にきちんと引落しされている場合は、優良なクレヒスとして評価されます。


延滞することなく支払いをしていれば、信用情報機関の信用情報に「$マーク」として登録されます。

信用情報に「$マーク」が並んでいるということは、正しく支払いを行っていると客観的に判断することが出来るため、審査時には有利になります。


たとえば、店舗でのカード払いには抵抗があるという人は、毎月の固定費(水道光熱費、電気料金、通信費など)の支払いを、クレジットカード払いに設定しておけば自動でクレヒスを積むことが出来ます。


一方、劣悪なクレヒスとはどういったものなのでしょうか?


クレヒスの注意点

クレヒスを作る上で最も注意すべき点は、延滞をしないということです。

長期間に渡って支払いが滞っていたり、何度も延滞を繰り返している場合は、劣悪なクレヒスであると判断されるので審査では不利になります。


支払い遅延の種類

支払い遅延には、短期間の遅延長期間の遅延があります。


短期間の遅延

短期間の遅延とは、支払日に引落としが出来ずに数日後(60日未満)に支払いを行ったケースのことを指します。

60日未満の遅延であれば、信用情報機関に事故情報として登録されることはありません。

しかし、何度も短期の遅延を繰り返している場合は、当然、クレヒスの評価は悪くなります。


支払いの遅延が二度、三度と続いた場合は、クレヒスに悪影響を及ぼすことになります。

そのため、短期の遅延は、基本的に1回までと考えておいた方がよいでしょう。


長期間の遅延

長期間の遅延とは、61日以上、もしくは3ヶ月以上の延滞をしたケースを指します。

長期間に渡って支払いの延滞をした場合は、信用情報に「異動」として登録されます。

「異動」とは、CICにおける金融事故のことを指します。俗に言う「ブラックリスト」とは、この異動情報のことを指します。

信用情報に異動として登録されている場合は、劣悪なクレヒスとなるため、審査に通ることは難しくなります。


異動情報には、以下のようなものがあります。


延滞約定返済日から61日以上、もしくは3ヶ月以上、返済が滞った場合。
債務整理自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などの債務整理手続を行った場合。
代位弁済契約者本人が返済不能となり、保証会社や連帯保証人による代位弁済が行われた場合。
強制解約支払いを長期間に渡って滞納していた結果、強制解約になった場合。

また、既に高額の利用・借り入れがある場合や、短期間に何度も申し込みをしている場合カードを作ったのに全く利用していない場合などは、クレヒスの評価が悪くなるので審査落ちの原因となります。

その他にも、30歳以上でクレヒスが全くない場合は、スーパーホワイトと判断されるため、審査では不利になると言われています。


支払い遅延をしてしまった場合

カードの支払いが遅れることを、前もって分かっていた場合は、カード会社のカスタマーセンター・デスクに連絡して「支払いが遅れる」という旨を伝えておきましょう。

あらかじめ連絡をしておいた場合と、していない場合とでは、当然印象が違います。きちんと連絡をして、適切な判断を仰ぐようにしましょう。


当然、支払いが遅れることは良いことではないので、出来るだけ速やかに支払いを済ませてください。


適切なカード利用

クレヒスを積む場合は、限度額いっぱいで使うような過度なカード利用は避けたほうが無難です。

カードの高額利用は評価の対象になりますが、収入に合わないカード利用は、カード会社に対してマイナスの印象を与えます。


逆に、年収が低く、カード利用も少ない方のほうが、プラスの評価を得やすくなります。

たとえ毎月の支払いが少額な場合でも、その支払い期間が長ければ長いほど実績に繋がります。

これは、毎月きちんと支払いを続けているという結果が、収支のバランスが取れている(経済観念がしっかりしている)と判断されるからです。


無計画な浪費家よりも、堅実な利用者であることのほうが、クレヒスを作る上では重要なファクターとなります。

クレジットカードは、自分の身の丈に合った利用を心がけましょう。


クレヒスを作ることのメリット

クレヒスを作ることのメリット

クレヒスは、社会的信用を表す指標の一つです。

良いクレヒスを作っておけば、普段の日常生活を送る上でメリットがあります。


特にアメリカでは、クレヒスやクレジットスコア(信用度を数値化したもの)は、生活を大きく左右する一つの指標となっています。

たとえば、信用力の高い人達のことをプライム層、信用力の低い人達のことをサブプライム層と呼び、個人の信用力を格付けすることで判断しています。


日本の場合は、アメリカほどではありませんが、優良なクレヒスがあることによる恩恵は少なくないため、作っておくことをオススメします。


ローンに通りやすくなる

利用実績をきちんと重ねている人は、それだけ信用度が高いことを意味します。

そのため、金融機関のカードローンや住宅ローンなど各種ローンの審査に通りやすくなります。

つまり、客観的にそれだけ信用力のある人として認められているという目安になります。


逆に、クレヒスにキズがある場合は、住宅ローンや自動車ローンの審査、携帯電話(スマホ)の分割購入の審査などに通らない可能性が高くなります。

ローンだけなく、新たにクレジットカードを持とうと申し込んでも、結果は厳しいかもしれません。


上位カードにアップグレードしやすくなる

順調に支払いを続けている場合は、優良顧客としてカード会社から認められます。

その場合、カード会社から上位カードへのインビテーション(招待状)が送られて来ることがあります。


高いステータスを持つカードを希望する方にとっては、メリットだと言えるかもしれません。

上位カードへアップグレードすれば、様々な恩恵を受けることが出来ます。


その反面、年会費も上がる場合も多いため、必要性を感じない方にとってはあまり魅力ではないかもしれません。


利用限度額が上がりやすくなる

クレヒスを積み重ねることで、カード会社からそれまでの支払い実績が評価されます。

これにより、新しくクレジットカードを作る際や増枠を申請する際に、希望が通りやすくなります。


きちんと支払いを続けているのに限度額が自動的に増枠されない場合は、限度額の引き上げを申請してみてはいかがでしょうか?


まとめ

クレジットヒストリーは、現代社会を生きる上で重要になる情報です。

様々な場面で影響を及ぼすことになるため、良いクレヒスを作ることを意識し、適切なカード利用を心がけましょう。


当然、支払いが遅れた場合は大きなデメリットが生じることになります。

そのため、支払日までには引落口座への入金を忘れないようにしましょう。


もし、支払日に入金が間に合わない場合は、カード会社のカスタマーセンター・デスクに連絡をして、その事実をきちんと伝えるようにして下さい。

クレジットカードは、ルールを守って正しい利用を心がけるようにしましょう。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


AJGLXvX W

JCBJ[h W

creditcard