Loading...
キャッシングクレジットカードの基礎知識

キャッシング枠とショッピング枠の違い

キャッシング枠 ショッピング枠 違い

キャッシング枠とショッピング枠

クレジットカードには、キャッシング枠ショッピング枠 という2つの枠があります。


クレジットカードを申し込むと、年収や職業、年齢、勤続年数、取引実績などを踏まえた審査結果により、利用限度額が設定されます。

この利用限度額は、与信枠(与信限度額)とも呼ばれ、個人の信用度を表す指標の一つです。



与信枠とは

与信枠とは、顧客や取引先に対して設定する与信の限度額のことを言います。

つまり、クレジットカード会社から与えられる信用力の度合を意味します。


クレジットカードには、キャッシングで使えるキャッシング枠と、ショッピングで使えるショッピング枠、そして総与信枠という3つの枠があります。

クレジットカードの「キャッシング枠」と「ショッピング枠」は、総与信枠に応じて決定される利用限度額が大きく影響します。



キャッシング枠 とは

キャッシング枠

キャッシング枠とは、「キャッシング」、つまりお金を借りる際に利用することが出来る枠のことを言います。

お金を借りると言うと、消費者金融や銀行での借入れ(カードローン)をイメージする方も多いと思いますが、クレジットカードのキャッシング機能も同様の意味合いを持ちます。

キャッシングとカードローンの違いについては、次のページをご参照下さい。



キャッシング枠のデメリット

高金利を支払うことになる

消費者金融でお金を借りる場合は、金利手数料(利息)がかかりますが、クレジットカードのキャッシング機能を使用する場合も同じように利息が発生します。

キャッシング利用時の金利は、一般的な消費者金融と同様に18.0%前後の高金利である場合が多く見られます。


そのため、お金を借りることに抵抗のある方や、使い過ぎが心配という方は、クレジットカードを申し込む際に、キャッシング枠の項目をゼロにしておくことをおすすめします。


もし、キャッシング枠を使用してお金を借りる場合は、極力、一括返済を選ぶようにしましょう。

キャッシング機能の返済方法は、一括返済かリボ払いのいずれかを選択する場合が一般的です。

リボ払いは、借入残高に応じた一定額を、毎月決まった日(約定返済日)に支払うことになります。

一回あたりの返済額は少額かもしれませんが、長期化すると利息を含めた返済総額が大きくなる場合があります。



カードローンと同じように審査がある

クレジットカードのキャッシングは、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)などの端末を操作して限度額の範囲内(キャッシング枠)でお金を借りることが出来ます。

キャッシングの利用方法は、カードローンとほとんど違いはありません。


そのため、クレジットカードでキャッシングをする場合でも、カードローンと同様に審査があります。


キャッシング枠の審査では、信用情報機関で個人信用情報の照会が行われます。

この個人信用情報の照会では、過去の金融事故歴(延滞や債務整理など、いわゆるブラックリスト)の有無や、他社を含めた現在の借入状況、支払状況などをチェックされます。


個人信用情報に問題がなければ、申込者の個人情報をスコアリングされることになります。

スコアリングとは、申込者の年収や年収、業種、雇用形態、勤務先の規模、勤続年数などの属性を点数化する一連の工程のことです。

キャッシングは、お金を借りる行為のため、貸し倒れリスクがつきものです。

そのため、カード会社は厳重な審査を行うことで、申込みをした人の信用度を把握し、貸し倒れリスクを最小限に抑えるのです。


このように、キャッシングを利用する場合は、申込者の信用が大きく左右することになります。


高額を希望する場合は収入証明書の提出が必要

通常、利用限度額を50万円を超える設定にする場合は、所得を証明しなければいけません。

そのため、収入証明書の提出が必要になります。


収入証明書と認められる書類としては、以下のようなものがあります。


  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書など

ただし、キャッシング枠の上限を50万円までとしているケースが多いため、あまり気にする必要はないかもしれません。


総量規制が適用される

先ほども説明した通り、クレジットカードのキャッシングは、カードローンと同じくお金を借りる行為です。

そのため、消費者金融でお金を借りる場合と同様に、総量規制の対象となります。


総量規制とは、借入総額を年収の1/3までに抑えなければいけないという、貸金業法に規定された規制のことです。

借入総額のため、1社だけでなく全ての貸金業者からの借入れ対してに適用されます。


借入れ状況は、前述の通り、信用情報機関から個人信用情報を取り寄せることで把握することが出来ます。


ちなみに、この総量規制は、キャッシング枠だけが対象です。そのため、後述するショッピング枠の利用では関係ありません。


ショッピング枠 とは

ショッピング枠

ショッピング枠とは、買い物・ショッピングに利用できる限度額のことを言います。

クレジットカードは、買い物での利用を目的として作られたという経緯があるため、ショッピング枠こそが本来の用途であると言えます。


金利は、キャッシング枠よりも低く、12% ~ 15%程度に設定されています。

ただし、ボーナス一括払いは金利ゼロ、ボーナス2回払いは金利ゼロ3%程度の場合が一般的です。


店舗やショッピングサイト(ECサイト)などで、クレジットカードを使用して買い物をする場合は、このショッピング枠を利用することになります。

例えば、ショッピング枠の限度額が30万円に設定されている場合は、買い物に利用できる金額は30万円までということになります。


ショッピング枠はキャッシング枠を内包する

ちなみに、ショッピング枠とキャッシング枠は、別々に存在するわけではなく、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれます。

例えば、ショッピング枠が50万円でキャッシング枠が20万円の場合、総額70万円が利用できるというわけではありません。

50万円のショッピング枠の中に20万円のキャッシング枠が内包されているため、ショッピング枠を全て使い切った場合はキャッシング枠を使用することは出来ません。


またショッピング枠を使って40万円分の買い物をした場合は、キャッシングでの利用は10万円までとなります。

このように、ショッピング枠とキャッシング枠は、相互に影響しあう関係にあるため、クレジットカードを利用する際は、よく把握しておくようにしましょう。

ただし、キャッシング枠をゼロに設定している場合は、ショッピング枠だけを意識すればいいので、あまり難しく考える必要はありません。


ショッピング枠とキャッシング枠は、以下の関係図をイメージすると分かりやすいかと思います。


ショッピング枠 キャッシング枠 関係図

このような関係性にあるため、キャッシング枠に比べてショッピング枠の方が、利用限度額は高めに設定されています。


ショッピング枠とキャッシングの違い

適用される法律が異なる

ショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠がある理由は、それぞれ適用される法律に違いがあるためです。

ショッピング枠には、割賦販売法と呼ばれる法律が適用されます。

一方、キャッシング枠は、個人向けの小口無担保融資のため、金銭消費貸借契約に該当します。そのため、貸金業法が適用されます。


このように、適用される法律が異なるため、ショッピング枠の審査は、キャッシング枠の審査とは全く別物として扱われます。


返済方法が異なる

キャッシング枠とショッピング枠は、返済方法が異なります。


キャッシング枠では、一括払い(1回払い)、もしくはリボ払いでの支払いが一般的です。

一方、ショッピング枠は、 一括払い(1回払い)、分割払い、ボーナス併用分割払い、ボーナス一括払い、リボルビング払いなどといった多様な返済方法を利用することが出来ます。


また、キャッシング枠とショッピング枠の返済は、どちらも口座引落しが一般的ですが、キャッシングに限っては、ATMやコンビニ端末などからの現金払いも可能です。

現金を振り込む場合の返済は、基本的に繰上返済時に利用する返済方法です。


まとめ

キャッシング枠とショッピング枠は、クレジットカードを利用する上で重要になります。

また、総与信枠という枠についても理解しておきましょう。


総与信枠とは、自分が持っている全てのクレジットカードの限度額を意味します。

所有しているカードが1枚だけの場合は、そのカードの与信枠が総与信枠となります。

しかし、複数枚のカードを所持している場合は、全てのカードの限度額を合計したものが総与信枠となります。


総与信枠所有しているクレジットカードの利用限度額
キャッシング枠キャッシング機能を利用する際の限度額
ショッピング枠ショッピングで使う場合の限度額

新しくカードを作ろうと思っても、総与信枠の関係で審査に落ちる場合があるので、使わないカードがある場合は解約しておくことをおすすめします。


また、キャッシング枠は、国内の利用に限定する場合は、あまり必要性を感じることはないかもしれません。

しかし、仕事や旅行で海外に行く機会が多い方にとってみれば、必須機能の一つだと言えます。


キャッシング枠を利用すれば、クレジットカードの国際ブランドに対応しているATMで、現地通貨を直接引き出すことが出来ます。

このように、手元に現金がない場合でも非常に心強いため、必ず設定しておきたいサービスです。


ただし、キャッシング枠を使うと、金利手数料が高額になることを忘れてはいけません。

そのため、キャッシング枠を利用する場合は、短期間での返済を想定するようにして下さい。

長期に渡って返済を続けた場合は、多額の金利を支払うことになるため、余計な金銭的負担を強いられることになります。


キャッシング枠とショッピング枠の違いを理解して、上手にクレジットカードを使うようにしましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA