Loading...
キャッシング・カードローン

キャッシングとカードローンの違い

キャッシング カードローン 違い

キャッシングとカードローン

キャッシングカードローンは、どちらもクレジットカードでお金を借りる際に使用される用語です。

では、このキャッシングとカードローンは、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?


キャッシングとカードローンは、どちらも利便性が向上し、現在では非常によく似たサービスとなっています。

そのため、この2つの用語の違いは、非常に分かり辛いという声も少なくないようです。

このページでは、キャッシングとカードローンの成り立ちやその内容を深く掘り下げることで、両者の違いを明らかにしていきます。



キャッシングとは

キャッシング

キャッシング(cashing)とは、融資を意味する言葉です。

具体的には、消費者金融などの貸金業者や銀行などの金融機関が、金利(利息)を得る目的で、個人や企業などの資金需要者に対して金銭消費貸借契約を行い金銭を貸し出すことを言います。

この金銭は、貸主から見た場合は債権となり、借主から見た場合は債務となります。


通常、クレジットカードには、買物に使えるショッピング枠と、ATMなどから現金を借りることが出来るキャッシング枠という2つの枠が設けられています。

このクレジットカードに付帯されているキャッシング枠を利用して、お金を借りることが出来るサービスがキャッシングです。


キャッシングを利用するためには、クレジットカード会社が行う契約時の審査に通過する必要があります。

クレジットカードを申し込む際に、自分が希望する利用限度額を記載して申請します。

このキャッシング利用限度額は、カード会社が行う審査によって決定します。


また、キャッシング枠は、クレジットカードを入手した後でも審査を受けることが可能です。


キャッシングは小口融資

キャッシング機能は、急な出費などですぐに現金が必要になった時などに便利な機能です。

1万円単位から借りることができ、借り入れ限度額は50万円程度までの場合が多く、基本的に小口融資をメインとしています。


通常、キャッシングの返済方法は、翌月1回払い(一括返済)リボ払い(残高スライド元利定額方式)から選ぶことになります。

ただし、消費者金融のアコムが発行する「ACマスターカード」であれば、毎月分割返済でキャッシングを利用するすることも可能です。



返済方式返済例
キャッシング
一括払い
毎月15日に締め切り、借り入れされた元金と金利手数料の合計を翌月10日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に返済する方式。
キャッシング
リボ払い
月づき一定額の元金と利息の合計を毎月10日(土日祝日の場合は翌営業日)に返済する方式。

キャッシングは金利が高いため一括返済が主流

また、キャッシングの返済には必ず金利手数料が発生します。

基本的に、キャッシングの金利手数料は、利息制限法の上限金利年利15~18%に設定されています。


クレジットカードのキャッシングは、金利手数料が高く設定されているため、一括返済を前提に利用するケースが一般的です。

キャッシングを利用する際は、事前に金利手数料をホームページなどで確認しておくことをオススメします。


キャッシングの利用方法

キャシングは、銀行などの提携金融機関のATM(automated / automatic teller machine)や、提携会社のキャッシュディスペンサー(CD)などの現金自動預け払い機で行うことができます。


ATM金銭の入金(預け入れ)や出金(引き出し)、通帳記帳などの銀行窓口業務と同様の機能を備えている機械(端末)。
キャッシュディスペンサー(CD)入金(預け入れ)、通帳記帳などの機能はなく、出金(引き出し)と残高照会の機能のみを持つ機械(端末)。

ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用することが出来ます。

例えば、コンビニに置いてあるATMやマルチメディアステーション(MMS)でもキャッシングを利用することが出来ます。


ATMでのキャッシング

  1. ATMの画面上のメニューから「お引き出し」を選択。
  2. クレジットカードを端末に挿入する。(磁気ストライプがある方を下向きに入れる)
  3. 「暗証番号」を入力する。
  4. 「お借り入れ」ボタンを選択する。
  5. 返済方法を選択する。「1回払い」か「リボ払い」のどちらかを選ぶ。
  6. 「お借り入れ金額」を1万円単位で指定する。
  7. カード・利用明細・現金を受け取る。

基本的に、キャッシュディスペンサーの場合でも操作方法は同じです。


キャッシング利用時のATM・キャッシュディスペンサー(CD)の手数料は、多くの場合0円です。


ただし、一部の会社では、キャッシング利用時に別途手数料がかかる場合があります。

この場合のATM・CD手数料は、借り入れ金額により異なります。


借り入れ金額手数料
1万円以下100円(税別)
1万円超200円(税別)

カードローンとは

カードローン

カードローン(card loan)のローンとは、「貸付」もしくは「貸付金」のことを指します。

これは、貸付業務を行う消費者金融や銀行などの貸金業者・金融機関の視点から見た場合の意味です。私達、利用者の立場では「お金を借りる」ことを意味します。


つまり、銀行や消費者金融、信用金庫、信販会社などが発行するクレジットカードを利用してお金を借り入れ、返済時に分割で支払うことが出来る融資のことを言います。

個人向けのカードローンは、担保を必要としない無担保型と、不動産や有価証券などを担保とする有担保型の2つがあり、あらかじめ契約した融資枠の範囲内で、カードを利用してATM・CDを通じてお金を借り入れることが出来ます。


ちなみに、カードを使わずにインターネットバンキングなどを利用して、ローン口座から普通預金口座への振替をする形で資金を貸し付ける形態をとるローンも存在します。

このようなローンは、ネットローンやネットキャッシングなどと呼ばれており、カードローンとは区別して考えられています。


カードローンは大口融資

銀行カードローンは、消費者金融よりも借入限度額が大きくなっているのが特徴です。

銀行カードローンの中には、最高限度額1,000万円のものもあり、数百万円というものも珍しくありません。

このように、カードローンは、小口融資を前提としたキャッシングとは異なり、大口融資を特徴としています。

もちろん、限度額数十万円というものもあるため、大口融資だけを想定しているわけではありません。


カードローンの金利手数料は、極度額が大きいほど低金利となります。逆に、極度額が少額の場合は金利も高くなります。

カードローン金利と限度額は、サービスを提供する銀行・消費者金融によって大きく異なります。


金利が低いところとしては、「楽天銀行スーパーローン」の1.9~14.5%(限度額:10~800万円)や「住信SBIネット銀行MR.カードローン」の1.59~7.99%(限度額:10~1,200万円)などがあります。

比較的金利が高いところとしては、「新生銀行カードローン レイク」の4.5~18.0%(限度額:1~500万円)や「アイフル」の4.5~18.0%(限度額:~500万円)などがあります。


ちなみに、カードローンの金利を確認する際は、最高金利を見るようにしましょう。

例えば、3.0~18.0%の場合、最高金利は18.0%の方となります。


初めてカードローンを利用する際は、一般的に最高金利に近い金利が適用される場合が多いようです。

そのため、ローンをする場合は、最高金利が低いところを選択するのが賢い利用方法だと言えます。


カードローンはリボ払いが主流

カードローンの返済方法は、多くの場合、リボルビング払い(リボ払い)で完済するまで、毎月の約定返済日に口座自動振替で返済していくケースが一般的です。

お金に余裕がある場合は、ATMを操作して直接カードローン口座へ入金したり、リモートバンキングを利用して自分名義の普通預金等から振替入金することも可能です。


リボルビング払い(リボ払い)とは

リボルビング払い(リボ払い)とは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済していく方式のことを指します。毎月の支払料金を少額にできるメリットがあります。


分割払いは、ショッピングの利用ごとに支払い回数を指定し、その「回数」で利用分を分割して支払う方式です。支払回数は、一般的に3・5・6・10・12・15・18・20・24回などから選べます。


一方、リボ払いは、個々の支払いに対してではなく、残高全体に対して決まった額を毎月返済することで、合計残高を減らしていくことになります。

1回あたりの返済額は、常に一律で変動はないため、使いすぎても計画的に返済することが出来ます。返済額の内訳は、返済元金 + 金利(利息)です。


ただし、リボ払いの継続中に新たに買い物をした場合、基本的に返済元金は変わりません。しかし、残金は増えることになるので、支払う利息は上昇します。


リボ払いの種類

リボ払いには、大きく定額方式定率方式残高スライド方式に分けられます。


種類内容
元金定額方式毎月一定額の元金と金利(利息)の合計を返済する方式。毎月の返済額が大きく変動することはありません。
元金定率方式毎月、〆日に借入残高を確定し、借入残高に対して指定した割合(定率)で返済する方式。借入残高に定率を乗じた返済額に加えて利息を支払うことになります。
残高スライド方式毎月、〆日の利用残高に応じて、あらかじめ定められた支払い額を返済する方式。毎月の返済額は利用残高に応じて変動します。

上手に活用すれば、とても便利なリボ払いですが、デメリットや問題点も存在します。

まず、借入額が増えても毎月の返済額が変わらないので、借金をしているという感覚が薄くなり、無意識に借入を増やしてしまうケースがあります。

借入額が増えると返済期間が長くなるので、トータルで支払う利息の負担が急激に増えることになります。


また、返済総額が分かりにくいので、どれくらいの利息がかかっているのか実感しづらいという声も多いようです。


このように、リボ払いは、様々な落とし穴があるため、くれぐれも注意が必要です。

リボ払いは、ボーナスポイントなども設けられいるため利便性の高い支払い方法ですが、カード会社にとっても収益性が高く、旨みのある支払い方法なので、頻繁に勧誘をしているのも事実です。


カードローン利用時の注意点

カードローンを利用する際に、注意するべき点としては、複数の会社に同時申し込みをしてはいけないということです。

融資を申し込んだ事実は、個人信用情報機関に信用情報として登録されます。

銀行や消費者金融は、融資審査時において、申込者の個人信用情報を必ず照会します。


そのため、あなたが同時期に複数の会社に対して申し込みを行った事実は、全て把握されているのです。


カードローンを申し込む際は、1つのカードローン会社に絞って申し込むことが大事になります。


キャッシングとカードローンの違いまとめ

キャッシングとカードローンのおおまかな違いを下表にまとめています。


キャッシングカードローン
借入方法ATM、CD、店頭、ネットキャッシングなどATM、ネットキャッシングなど
融資形態小口融資大口融資
返済方法主に一括払い主にリボ払い
金利比較的高い比較的低い
平均最高金利年15.0~18.0%年14.0%前後
期間短期長期

元々、キャッシングの返済は、翌月一括払いを目的に提供されているため、長期の借入には不向きです。

ですが、近年では、キャッシングの返済をリボルビング払いできるケースも一般的になっているため、あまり気にすることはないかもしれません。


このように、「カードローン」と「キャッシング」の線引きは非常に曖昧になっているのが実情です。

なんとなく「キャッシング」は消費者金融、「カードローン」は銀行というイメージがあるかと思いますが、消費者金融でもカードローンを提供しています。そして、銀行でもキャッシング業務を行っています。


また、現在では、銀行のカードローン審査や貸付などの業務を消費者金融(保証会社)が行っていることもあり、消費者金融と銀行の個人向け融資の境界線も分かり辛くなっています。

こうした背景には、2010年に完全施行された、借入残高を年収の3分の1に抑える総量規制が導入されたことが関係しています。


このように、カードローンとキャッシングには大きな差がなくなっていますが、キャッシングに比べて、カードローンを利用した方が金利負担が軽減される場合もあるので、自分に合った借り方を見つける事が大事です。


キャッシングを利用する際は、クレジットカードの返済方法や限度額、金利等をよく確認しておくようにしましょう。

キャッシングの金利が15%以上と高く設定されている場合は、カードローン機能が付いたクレジットカードを作っておく、もしくはカードローン機能を追加するのもいいかもしれません。


もちろん、キャッシングやカードローンに依存してしまうと多重債務に陥る可能性があることを忘れないで下さい。

あくまでも、借り入れは一時的なものに留め、計画的に利用しましょう。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA