Loading...
クレジットカードの役立つ情報

公共料金のクレジットカード払い メリット・デメリット

公共料金 クレジットカード払い メリット デメリット

毎月の定期支払い

毎月必要になる支払い(固定費)と言えば、電気代やガス代、水道代などの公共料金をはじめ、携帯電話(スマホ)の代金や通信費、家賃、保険、税金など多岐に渡ります。

これまでは、銀行口座の自動引落で支払う方法が一般的でしたが、クレジットカードを利用して支払う人も多くなってきました。


このページでは、公共料金などの定期支払いにクレジットカードを利用する場合のメリット・デメリットを紹介しています。

また、クレジットカード払いと口座引落(口座振替)のどちらがお得なのか、それぞれの特徴を比較検証をしています。



クレジットカード支払いのメリット

クレジットカード支払い メリット

クレジットカードで定期支払いをする場合のメリットは、次の通りです。


  • 利用金額に応じてポイントが貯まる。
  • 明細の確認が簡単なので、料金の支払額を把握できる。
  • 支払いを同じ日(支払日)に統一することが出来る。
  • 自動的に引き落とされるので、支払い忘れの心配がない。

ポイントが貯まる

クレジットカードの利用金額に応じてポイントが貯まるというのは、クレジットカードを利用する上で、最もメリットがあると言っても過言ではありません。

日々の買い物や定期的な支払いでポイントが付くので、長い期間で見た場合は、現金で支払うよりもかなりお得になります。


必ず支払う必要がある公共料金やスマホ料金などを、クレジットカード払いにすれば、無駄なくポイントを貯めることが出来ます。

また、最近では、住民税や自動車税、固定資産税などの税金の納付をクレジットカードで行える自治体も増えてきました。


クレジットカード利用者にとってみれば、ポイントが付く対象が増えることは非常に嬉しいことだと言えます。


現金払いや口座引落では、ポイントを貯めることは出来ませんが、クレジットカードあればそれが可能になります。

公共料金や通信費など、毎月の支払いをクレジットカードに切り替えることで、積極的にポイントを貯めてみてはいかかでしょうか。


明細の確認が簡単

クレジットカード会社の多くは、利用代金を確認することが出来るWEB明細サービスを行っています。

口座引落の場合は、ATMを利用して自分で通帳に記帳する必要がありますが、クレジットカードでの支払いであれば、ネットで明細書を確認することが出来ます。


各クレジット会社が提供するWEB明細サービスにアクセスし、ログインIDとパスワードを入力することで、これまでの自分の支払いを確認することが出来るので非常に便利です。


自動引落で払い忘れがない

クレジットカード決済は、商品の購入やサービスの提供等の都度決済だけでなく、定期・継続的に発生する料金等の決済である継続課金に対応しています。

継続課金とは、月額会員制のサービスや、定期購入、家賃、携帯電話料金、プロバイダ等の料金を一定の間隔で継続的に回収するための仕組みのことを言います。


支払い方法を、口座自動引き落としに設定している場合は、手続き不要で支払いが出来るため、面倒な手間もなく、払い忘れもありません。


ただし、支払日に指定銀行口座に残高がない場合は、支払いができず滞納状態になるため、注意する必要があります。


支払い日を統一

クレジットカードの支払いは、毎月同じ日(土・日・祝日の場合は翌営業日)に決まっています。

そのため、電気代、ガス代、水道代、携帯電話の通信費、プロバイダ料金、家賃、税金など、今までバラバラだった支払いを支払日(引き落とし日)にまとめる事が出来ます。

支払いを同じ日に統一できるので、それぞれの支払いを把握しやすくなるというメリットがあります。


クレジットカード支払いのデメリット

クレジットカード支払い デメリット

クレジットカードで定期支払いをする場合のデメリットは、次の通りです。


  • 公共料金の割引適用外。
  • 支払い方法をクレジットカード支払いに変更する必要がある。
  • 紛失・盗難に遭って再発行した場合は、支払い先の会社ごとに変更手続きを行う必要がある。
  • 利用限度額を超えてしまった場合は、公共料金の支払いができない恐れがある。

公共料金の割引適用外

クレジットカード支払いの最大のデメリットは、公共料金の口座振替の割引サービスを受けることが出来ない点です。

電気代や水道代などの一部の公共料金では、1つの契約につき一ヶ月あたり54円(税込)程度が割引されます。


一ヶ月だと少額に思えますが、1年間では650円の割引になります。

また、電気代と水道代の2つの契約では、1,300円も割引されるため、意外と馬鹿に出来ません。

2016年4月からの電力小売りの全面自由化に伴い、電力会社各社は割引サービスに力を入れているため、お住まいの電力会社のサイトでチェックしてみることをおすすめします。


ただし、クレジットカードでの公共料金を支払う場合は、割引サービスはありませんが、ポイント還元があります。

そのため、公共料金を支払う場合は、口座振替の割引額とクレジットカード支払いで付与されるポイントを比較して、お得な方を選ぶようにしましょう。


クレジットカード支払いへの変更手続き

口座振替からクレジットカード支払いに変更する場合は、変更手続きを行う必要があります。

支払い方法の変更手続きは、インターネットや郵送により行うことになります。


変更手続きの期間は、1ヶ月~2ヶ月ほど要する場合があります。

手続き完了については、クレジットカード支払いの場合は、クレジットカード会社からの請求で確認して下さい。


再発行時には変更手続きを行う必要がある

クレジットカードの紛失や、盗難に遭った等の理由で、クレジットカードを再発行する場合は、別カードへの変更手続きを行う必要があります。

変更手続きとは、再度、申込手続きを行うことを意味します。


申込みから手続き完了までに1ヶ月程度かかる場合があるため、その間の料金はコンビニや銀行ATMで振込用紙にて支払いを行う必要があります。


利用限度額を超えてしまった場合は支払いができない恐れがある

クレジットカードは、契約者ごとに利用限度額が設けられています。

買い物などで、利用限度額いっぱいまでカードを使ってしまった場合は、公共料金の支払いが出来ないことがあります。


また、利用限度額が少額な場合は、買い物で利用できる金額が足りなくなることもあります。


クレジットカード支払いと口座引落の比較

公共料金の支払いにおいて、クレジットカード支払いと口座引落のどちらが利便性が高いのかを比較してみました。


クレジットカード支払い口座引落
ポイント還元ありなし
割引サービスなしあり
引き落とし日同じ異なる
明細WEBで確認WEBで確認
書面で確認

クレジットカード支払いの注意点は、ショッピング枠を使用して高額な買い物をする場合です。

場合によっては、利用限度額を最大まで使ってしまう恐れがあるので、公共料金の支払いが出来ないケースがあります。


そのため、クレジットカードは買い物用、公共料金の支払いは口座引落と使い分けるのがおすすめです。

公共料金等をクレジットカード支払いをする場合は、買い物用のカードと公共料金の引き落とし用のカードをそれぞれ作っておくことで、支払い不能になるリスクを回避することが出来ます。


また、クレジット払いの場合は、ポイント還元だけでなく、返済履歴(クレジットヒストリー)が残るので利用限度額の向上に繋がることも注目しておきましょう。


ただし、クレジットカードを解約する場合は、支払い先へ解約情報が伝わることはありません。

そのため、支払先に対して、自分自身で支払い方法の変更をする必要があります。

クレジットカードを解約する場合は、支払い滞納になる危険性が高いため注意することをおすすめします。


まとめ

クレジットカード支払いと口座引落の特徴を見た場合、クレジットカード支払いの方が手間がかかる場合があります。

一方、口座引落は、手間が少なくて済みます。


上手に利用できる方であれば、クレジットカード払いの方が高いメリットがありますが、よく分からない方には口座引落の方が無難だと言えます。


いずれにしても、公共料金などの固定費の支払いは、クレジットカード支払いか口座引落のいずれかに統一する方が便利だと言えます。

双方のメリット・デメリットをよく確認した上で、自分に合った支払い方法を選ぶことをおすすめします。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


NWbgJ[hOr