Loading...
クレジットカードの基礎知識

インビテーションとは 招待制のクレジットカードについて

インビテーション とは 招待制のクレジットカードについて

クレジットカードのインビテーション

インビテーション (Invitation)とは、英語で「招待」を意味する言葉です。

クレジットカードにおけるインビテーションとは、カード会社が条件を満たした会員にのみ行う案内のことを指します。

具体的には、所持しているカードのアップグレード(上位ランクのカードへ移行)を案内する招待状を意味します。インビという略称で呼ばれることもあります。


たとえば、既に一般カードを使用している場合は、「ゴールドカードへアップグレードしませんか?」などの内容が記載された書類がカード発行会社から送付されます。

グレードの高いカードは、年会費が掛かる(高くなる)ケースが一般的ですが、それに見合った還元率や特典、保険、サービスなどを受けることが出来ます。

カードの利用頻度が高い人などは、そのメリットを十二分に享受することも可能ですが、あまり考えずにアップグレードしてしまうと損をすることもあるため、その内容を理解しておくことをおすすめします。



このページでは、インビテーションの詳しい概要や注意点、メリット・デメリットなどについて説明をしています。



インビテーション の概要

常日頃、高い頻度でカードを利用している顧客に対して、カード会社はインビテーション(招待券)を送付します。

カード会社がインビテーションを送る理由は、優良顧客の選別と囲い込みにあります。


自社に利益をもたらす顧客を優遇することは、さらなる利潤の追求に繋がるため、カード会社各社は、このような制度を設けています。


グレード(ランク)の高いカードを手に入れるには4通りの方法があります。


最初からグレードの高いカードに申し込む

初めからゴールドカードやプラチナカードに申し込むという最もスタンダードな方法です。

ただし、ゴールドカードやプラチナカードは、一般カードに比べて審査が厳しくなる傾向があるため、自分の属性に自信があり、一定のクレジットヒストリー(クレヒス)を積んでいる方が対象となります。


ゴールドカードを取得する際は、満30歳以上で年収400~500万円以上、勤続5年以上が一応の目安となります。

あくまでも目安のため、上記の条件を満たしていなくても、審査に通る可能性はあります。




電話でグレードの切り替えを申し込む

カード会社によっては、電話でのグレードの切り替えに対応しているところもあります。

例えば、AMRICAN EXPRESSが発行するアメリカン・エキスプレス・カード(通称:グリーンカード、アメックスグリーン)を既にお持ちの方は、デスクに電話をしてゴールドカードに切り替えたいという旨を伝えることで切り替えが可能になる場合があります。


ただし、この方法の場合は、通常の申し込みと同様に審査が行われるため、条件を満たしていない場合は却下されることもあります。


WEBサービスからアップグレードを申し込む

カード会社が発行するクレジットカードの中には、会員専用WEBサービス上でカードのアップグレードを申し込むことが出来るものもあります。

例えば、JCBの場合は「MyJCB」から、三井住友カードの場合は「Vpass」から、ゴールドカードへの変更を申し込むことが出来ます。


こちらの方法も、前述の方法と同じように審査が行われるので、必ずこちらの要求が通るわけではありません。


申し込みで入手出来る代表的なゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
初年度年会費年会費 2年目以降
三井住友VISAゴールドカード
無料10,000円(税抜)
10,800円(税込)
※翌年度以降も最大4,000円(税抜)まで割引(条件付)
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~1.00% 
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円年間300万円年間300万円
概要
インターネット入会で初年度年会費無料。空港ラウンジ無料利用と手厚い旅行傷害保険が付帯した定番の高ステータスカード。
公式サイト

JCBゴールドカード
初年度年会費年会費 2年目以降
JCBゴールドカード10,000円(税抜)
10,800円(税込)
10,000円(税抜)
10,800円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~2.50%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高5,000万円最高500万円最高500万円
概要
海外利用はポイント2倍!海外旅行傷害保険最高1億円!ワンランク上のゴールドカード。
公式サイト

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード29,000円(税抜)
31,320円(税込)
29,000円(税抜)
31,320円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.333% ~ 0.400%
1枚まで年会費無料
2枚目からは12,000円+消費税
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高1億円500万円500万円
概要
海外への出発から帰国までひとつ上をいく「ゆとり」のサービス、約束された上質のひとときを。
公式サイト

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 公式サイト


申し込みで入手出来る代表的なプラチナカード

JCB プラチナ
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB プラチナ25,000円(税抜)
27,000円(税込)
25,000円(税抜)
27,000円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~2.50%
1人目は無料
(2人目より1名につき3,000円/税別)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高1億円年間500万円年間500万円
概要
日本唯一の国際ブランドJCBのプラチナカード。
24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」、海外空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」などプラチナカードならではのサービスが魅力。
公式サイト

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード20,000円(税抜)
21,600円(税込
20,000円(税抜)
21,600円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.500% ~ 1.000%○ 3,000円(税抜)
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高5,000万円最高300万円最高300万円
概要
ビジネスオーナーのために特別に設計されたカード「遙かに超えた価値、それは究極の信頼」
公式サイト

この方法で取得できるカードの種類は限定されます。

なぜなら、一部のカード会社が発行する最上位カードは、新規申し込みに対応していないからです。

たとえば、クレジットカードの最高峰とされるAMERICAN EXPRESSの「センチュリオンカード」やDinrs Clubの「ダイナースプレミアムカード」などは、一般的な申し込み方法で手に入れることは出来ません。


このようなカードを入手するためには、カード会社からのインビテーションを受けることが絶対条件となります。


インビテーション (招待状)が届くのを待つ

クレジットカードを一定期間利用し、実績を積み重ねていると、カード会社からカードのアップグレードのお誘い(招待)が郵送で届くことがあります。

また、一部のステータスカードは、電話で案内が来ることもあります。


この案内が「インビテーション」です。


インビテーションの対象となるカードは、ゴールドカード以上のクレジットカードを指します。


手元にインビテーションが届くということは、カード会社が設けている条件をクリアした会員であると認められたことを意味します。


インビテーションが届く条件

インビテーションが届く条件

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードのインビテーションキット


インビテーションは、一定の条件を満たしたカード会員にのみ送付されます。

その条件の内容は、カード会社やクレジットカードの種類によって異なりますが、一般的には以下のようなものが挙げられます。


  • 年収が~万円以上
  • カードの利用期間が~年以上
  • 毎月~万円以上利用している or 毎年~万円以上利用してる
  • 年齢が~歳以上に達している
  • 利用頻度が高い

年収

利用者の支払い能力を判断する際に、最も重要な指標となる項目は収入です。

そのため、クレジットカードの与信においては、年収を重要視します。


利用期間

クレジットカードは、立替払いのため、毎月きちんと支払いが行われていることが大前提です。

そのため、ある程度の期間、延滞などのトラブルがなく、返済期日に支払いを行っていれば条件をクリア出来ます。


利用金額

毎月もしくは毎年のカード利用金額が、カード会社の定める設定額を超えている場合は、インビテーションの対象となります。

グレードの高いカードやステータスの高いカードほど、高額の利用が求められます。


ゴールドカードの場合、年間利用金額は100万円が目安となっています。


年齢

一般的には、年齢が上がるほど所得も増える傾向にあるため、20代よりも30代の方が有利になります。


また、クレジットカードの種類によっては、取得の対象を一定年齢以上に限定しているものもあります。

年齢制限が設定されているカードの場合は、仮に上記の条件を満たしていても、所定の年齢に達していない場合は対象外となります。


利用頻度

クレジットカードの利用頻度が高い人ほど、インビテーションが送られて来るといわれています。

そのため、普段の生活でカード決済を意識することが重要になります。


たとえば、1年で100万円の買い物をする場合を想定してみましょう。

年1回で100万円の買い物をするよりも、毎月数回の買い物で年間100万円のカード決済をする方が有利になります。


インビテーション限定カード

インビテーション限定で取得できる代表的なカードのひとつに、「JCBゴールド ザ・プレミア」があります。

「JCBゴールド ザ・プレミア」は、通常のゴールドカードに比べて、ポイント還元率が高い(10%アップ)だけでなく、ポイントの有効期限が長い点(有効期限5年、ゴールドカードは3年)が特徴です。また、JCBプレミアムステイプランやプライオリティ・パス、空港ラウンジ利用などの特典・サービスが充実しています。


さらに、通常の「JCBゴールドカード」とは差別化を図る意味で、特別デザインを採用している点も魅力です。ゴールドカードを名乗っていますが、準プラチナカードと言った方が適切かもしれません。


JCBゴールド ザ・プレミア
初年度年会費年会費 2年目以降
JCBゴールド ザ・プレミア10,000円(税抜)
10,800円(税込)
+
サービス年会費5,000円(税別)
5,400円(税込)
※条件を満たした方はサービス年会費無料
10,000円(税抜)
10,800円(税込)
+
サービス年会費5,000円(税別)
5,400円(税込)
※条件を満たした方はサービス年会費無料
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~2.50%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高5,000万円最高5,000万円最高200万円最高200万円
概要
海外約1,000ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスや厳選されたホテル・旅館を利用出来るJCBプレミアムステイプランなどが付帯するワンランク上のゴールドカード。

「JCBゴールド ザ・プレミア」を入手するためには、「JCBゴールドカード」を利用していることが第一の条件となります。

また、JCBの会員限定WEBサービス「MyJCB」に登録していることも必須条件です。

そして、年間(12月16日~翌年12月15日)のショッピング利用合計金額が、2年連続で100万円(税込)以上であることを求められます。


その他のインビテーション制のカードには、「イオンゴールドカードセレクト」「セブンカード・プラス ゴールド」「JQ CARD エポスゴールド」などがあります。


イオンゴールドカードセレクト
初年度年会費年会費 2年目以降
イオンゴールドカードセレクト無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高3,000万円最高3,000万円年間300万円年間300万円
概要
通常のイオンカードセレクト特典に加え、ショッピングセーフティ保険や旅行障害保険の補償が充実、全国のイオンラウンジ、羽田空港のラウンジサービスも利用可能。
イオンカードセレクトを保有し、直近1年間のカードショッピング利用が100万円以上などの条件をクリアする必要がある。

セブンカード・プラス(ゴールド)
初年度年会費年会費 2年目以降
セブンカード・プラス(ゴールド)無料無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
年間100万円年間100万円
概要
一般カードの特典に加え、年会費が永年無料、ショッピング保険が付帯したインビテーション限定カード。
年間100万円以上のセブンカード・プラスの利用、もしくはセブン&アイの店舗で年間60万円以上の利用がインビテーション発行の条件。

JQ CARD エポスゴールド
初年度年会費年会費 2年目以降
JQ CARD エポスゴールド無料1,250円(税別)
前年に1回以上利用すれば無料
還元率ブランドETC家族カード
0.500%~1.500%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1000万円
概要
エポスカードとJR九州が提携して発行する招待制カード。
年間50万円以上の利用と6ヵ月以上のカード(JQエポスカード)保有がインビテーション発行の条件。

インビテーションの注意点

インビテーションの案内に従ってカードのグレードをアップすると、特典やサービス、ステータス性などが向上するため、利用者にとってもメリットがあります。

ただし、グレードを上げると、年会費が高くなる傾向があるため、受けるメリットと支払う金額を十分考慮して、納得した上で申し込むことが大事です。


必要性を感じない人がグレードを上げても、損をしてしまうだけなので注意しましょう。


ただし、先ほど紹介したインビテーション限定カードは、年会費無料の優待特典を受けることが出来ます。「JCBゴールドカード」は条件付で年会費無料になります。


送られて来たインビテーションに納得した場合は、同封されている返信用封筒に必要事項を記入した申込書を封入して送り返します。

以上の手順で申し込むと、簡易的な審査が行われ、上級カードへのグレードアップが可能になります。通常、この審査に落ちるのは非常に稀なケースです。


審査に通過すると、カード会社にもよりますが2~3週間程度で新しいカードが送られてきます。


招待限定のステータスカード

クレジットカードの最高峰に位置づけられるステータスカード(プラチナカード・ブラックカード)と呼ばれる特別なカードが存在します。

社会的信用度の高いステータスカードは、インビテーションでしか手に入れることが出来ません。


アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
初年度年会費年会費 2年目以降
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード1,500,000円(税抜)
1,620,000円(税込)
500,000円(税抜)
540,000円(税込)
還元率ブランドETC家族カード

一人につき5枚まで

無料
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
自動付帯:最高1億円自動付帯:最高1億円最高500万円最高500万円
概要
アメリカン・エキスプレスが発行する、最上級クレジットカード。サービス内容は会員以外に正式に公開されていない。

※内訳は、初年度入会金(100万円) + 年会費(50万円)。2018年より年会費変更。


ダイナースクラブ プレミアムカード
初年度年会費年会費 2年目以降
ダイナースクラブ プレミアムカード130,000円(税抜)
140,400円(税込)
130,000円(税抜)
140,400円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.5%
無料
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高1億円年間500万円年間500万円
概要
ブラックカードと称される最高峰のラグジュアリー・カード。一流コンシェルジュが特別な旅を演出。

JCB THE class
初年度年会費年会費 2年目以降
JCB THE class50,000円(税抜)
54,000円(税込)
50,000円(税抜)
54,000円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.50%~
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高1億円年間500万円年間500万円
概要
JCBが誇るインビテーション制の最上位プレミアムカード。
24時間・365日利用可能な「ザ・クラス・コンシェルジュデスク」や、 国内の厳選した有名レストランの所定のコースメニューを2名以上で予約すると、1名分の料金が無料となる期間限定の優待サービス「グルメ・ベネフィット」など様々な高品質なサービスを用意。

Luxury Card Mastercard ゴールドカード
初年度年会費年会費 2年目以降
Luxury Card Mastercard ゴールドカード200,000円(税抜)
216,000円(税込)
200,000円(税抜)
216,000円(税込)
還元率ブランドETC家族カード
0.500% ~ 1.000%
海外旅行保険国内旅行保険海外ショッピング保険国内ショッピング保険
最高1億円最高1億円年間最高300万円年間最高300万円
概要
24金仕上げ金属製カード。最大3倍のボーナスポイント、海外利用は常時2倍ポイント。24時間体制のコンシェルジュやVIPトラベル、数多くの優待サービスが利用出来る。

インビテーションのメリット

インビテーションのメリット

インビテーションのメリットには、以下のようなものがあります。


特典やサービスが向上する

上位のカードに変更すれば、様々な特典やサービスを受けることが出来ます。

ただし、特典・サービス内容は、クレジットカードごとに異なります。

ゴールドカードに切り替える場合、一般的には次のような内容が用意されています。


  • ポイント還元率のアップ。
  • ポイント有効期限の長期化、もしくは無くなる。
  • 飲食店や娯楽施設の割引や優待が豊富。
  • 空港ラウンジの利用が無料。
  • ホテルのアップグレード。
  • 各種保険の補償内容が充実、補償上限が上がる。

上位カードをスムーズに取得できる

インビテーションに対して申し込みをすると、通常の申し込みよりも審査が緩いため、ほとんどのケースで上位カードが発行されます。

自分でカードのアップグレードを申し出ると、審査が厳しくなるため、上位カードの取得を希望している方にとってはメリットになります。


なにより、最上位カードの取得を目指している方にとって、インビテーションの通知は、この上ない吉報と言えるでしょう。


インビテーションのデメリット

インビテーションのデメリット

インビテーションのデメリットには、以下のようなものがあります。


年会費が優遇されるわけではない

基本的には、通常申し込みで取得したカードよりも年会費が安くなるということはありません。

現在のカードで満足している方や、年会費の負担を極力避けたい方などは、インビテーションに応じることがデメリットになるかもしれません。


ただし、「イオンゴールドカード」「セブンカード・プラス ゴールド」などの一部インビテーション限定カードでは、インビテーション経由で申し込みをすると年会費が永年無料になるものもあります。


カード番号が変更する

現在、所有しているカードから上位カードに切り替えると、新しいカード番号が付与されます。

そのため、公共料金や各種支払いをクレジットカード払いにしている場合は、新しいカード番号に変更する必要があります。


ただし、カードによっては自動で番号の引継ぎをしてくれるものもあるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。


まとめ

インビテーションは、カード会社が独自の基準で認めた人にのみ送られる特別な案内です。

インビテーションを受けるためには、まずは条件をクリアすることを重視しましょう。


また、クレジットカードによっては、インビテーションでしか入手することが出来ないクレジットカードもあります。


インビテーションなら、新規発行で入手するよりも圧倒的にハードルが低いので、上位カードを希望している人はその招待に応じてみてもいいかもしれません。

また、ブラックカードやプラチナカードといった高級カードの取得を考えている方は、インビテーションの条件達成を目指してみることをおすすめします。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクレジットカード比較サイトをフォローしよう!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


creditcard